贈与税の申告 完全ガイド

贈与税の申告書作成コーナーから自分で贈与税の申告をする方法

この記事は1月30日に書いています。
早いもので、あと2日経つと2月ですね。

2月1日からは前年分(今年なら平成30年分)の贈与税の申告の受付が始まります。
期限は所得税の確定申告と同じ3月15日です。

この記事では、
「贈与税の申告をせなあかんみたいやけど作り方がよーわからん!」
という方のために、

  • 国税庁の「贈与税の申告書作成コーナー」を使って贈与税の申告書を作る方法

はもちろん、

  • 作った申告書の提出や税金の納付の方法

まで、贈与税申告の一連の流れをまとめてみました。

この記事を参考に、是非「贈与税を自分で申告する」ことにチャレンジしてみてください!

この記事では、贈与税の申告を今年だけする方を想定し、申告書をプリントアウトして紙で提出する場合の流れを紹介していきます。
この記事の運営元:京都市左京区の尾藤武英税理士事務所
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師が運営する税理士事務所です。
わかりやすいアドバイスで皆様をサポートいたします。

【書いている人のプロフィール】

贈与税の申告書の作成なら「贈与税の申告書作成コーナー」が便利!

最初に完成形を載せてしまうと、↓これが今から作る贈与税の申告書です。
贈与税の申告書

税務署に置いてある申告書に手書きでもいいですが、よりカンタンにできるのが国税庁が出している「贈与税の申告書作成コーナー」です。
↓こちらの確定申告書等作成コーナーの1コンテンツとして用意されています。
確定申告書等作成コーナートップ

上のデータもここで作りました。
最初はちょっととっつきにくいですが、役人が作っている割にはそこそこ使いやすくてオススメです。

というわけで、以下、贈与税の申告書作成コーナーで申告書を作る流れを確認していきましょう!

【今回申告する尾藤武英さんの基本情報】

  • 平成30年12月5日に父である尾藤国英から現金500万円を貰った
  • 同日(12/5)に兄である尾藤一朗からも現金500万円を貰った

まずは「確定申告書等作成コーナー」内で事前準備を

まず、確定申告書等作成コーナーのトップページに入って、オレンジ色の「作成開始」ボタンをクリックします。
「作成開始」ボタンをクリック

すると、新しいウィンドウが立ち上がって以下の画面が出てきます。
e-Taxか書面提出か

「e-Tax(電子申告)で提出する」と「印刷して書面提出する」の2つのボタンがありますが、e-TaxはマイナンバーカードとICカードリーダライタがないと利用できません。
「そんなん持ってへんわ」って方が大半だと思いますので、今回は紙で出しましょう。
「印刷して書面提出する」ボタンをクリックします。
「書面提出する」ボタンをクリック

e-Taxは上述のとおり初期投資こそ必要ですが、慣れるとこちらの方がむしろ楽です。
「毎年贈与税の申告をしなきゃいけない!」という方はこちらにチャレンジしてみることをお勧めします。

次の画面は利用環境の確認です。
e-Taxの場合はここで弾かれるケースが多いのですが、紙で提出する場合はここはほぼ大丈夫なハズ…。
(もしエラーメッセージが出たら指示に従って利用環境を整えてください)

↓この画面が出ていればOKですので、一番下にあるオレンジ色の「利用規約に同意して次へ」ボタンをクリックします。
利用環境の確認画面

次のページから、いよいよ作成開始です!
ここからいよいよ作成開始!

「平成30年分の申告書等の作成」のタブをクリックしたら4つのボタンが出てきますので、
このうち一番右の緑の「贈与税」をクリック。
一番右の緑の「贈与税」をクリック

いよいよ贈与税の申告書作成コーナーから申告書の作成を開始!

すると、突然画面がダサくなりました(^^;
「贈与税の申告書作成コーナー」トップ

ここからが「贈与税の申告書作成コーナー」の開始です。

2つあるボタンのうち、青色の「贈与税の申告書作成開始」をクリックします。
「贈与税の申告書作成開始」ボタンをクリック

下のピンク色のボタン(土地等の評価明細書作成開始)は土地や建物、上場株など、現金以外の財産を貰った場合に使います。
こちらはある程度予備知識が必要なので、こちらを使う必要がある場合は税理士に相談した方が無難です。

次の画面では、貰ったお金について住宅取得等資金の非課税の適用を受けるかどうかを聞かれます。
今回申告する尾藤武英さんは単にお金を貰っただけなので非課税の適用は受けません。
というわけで、「贈与税申告書作成開始」という青いボタンをクリック。
「贈与税申告書作成開始」ボタンをクリック

次の画面では提出方法を確認(あらかじめ「印刷して税務署に提出する」が選択されている)して、生年月日を入力します。
申告する人の生年月日は特例の適用の有無にも関わるので、贈与税の計算では大事な情報です。
申告する人の生年月日を入力

「入力終了(次へ)」を押したら、次の画面に飛びました。
何やらボタンが3つありますね。
「取得財産の入力」画面トップ

普通に贈与税を計算するなら「一般の贈与」を選択

ここもまた「どの方法で贈与税を計算するか」を聞いてきています。
取得財産の入力方法を選ぶ

  • 一般の贈与(水色のボタン)…普通に贈与税の計算をする場合に選択
  • 配偶者控除の適用を受ける財産(オレンジのボタン)…マイホームの2,000万円控除特例(=配偶者控除)を受ける場合に選択
  • 相続時精算課税の適用を受ける財産(緑のボタン)相続時精算課税の申告をする場合に選択

と分かれていますが、単にお金を貰っただけの武英さんの申告はごくごく基本的なものなので、水色の「一般の贈与」ボタンをクリックします。
「一般の贈与」ボタンをクリック

すると、次の画面から本格的な贈与税申告書の入力が始まります!

贈与者ごとに贈与の詳細を入力

ここで改めて、今回申告する武英さんの基本情報を確認しておきましょう。

【今回申告する尾藤武英さんの基本情報】

  • 平成30年12月5日に父である尾藤国英から現金500万円を貰った
  • 同日(12/5)に兄である尾藤一朗からも現金500万円を貰った

父と兄、2人の人から現金を500万円ずつ貰っています。
この情報を以下で順番に入力していきます。

入力は贈与者ごとに行う

まず、贈与者(誰から貰ったのか)の情報を入力します。
贈与者が2人いる場合は1人ずつ順番に入れていく必要があるので、まずは父である国英さんの贈与から入力していきましょう。

↓こんな感じで国英さんの個人情報をひと通り入力して、画面下の「入力終了(次へ)」をクリック。
父・国英氏の情報を入力

すると、↓こんなタテに長ーい画面が出てきます。
タテに長〜い財産入力画面

ここではどんな財産をいくら貰ったのかを入れていきます。

どんな財産をもらったのかを入力

「1 財産を取得した日、種類等を入力してください。」の欄に、貰った財産が現金である旨を入力します。
(現金の場合は「財産の所在地」欄は空欄でもOKです。)
財産を取得した日、種類等を入力

「2 不動産、株式等の贈与を受けた場合には次の項目を入力してください。」は何も入力しなくてOK。
(逆に、土地や建物、上場株などを貰った場合はここから詳細な入力が必要です。)
不動産、株式等の欄は空欄でOK

さらに下に画面をスクロールさせると、「3 贈与を受けた財産の価額を入力してください。」とあります。
ここに、貰った金額500万円を入力します。
贈与を受けた財産の価額を入力

今回国英さんからは現金しか貰っていないので、国英さんからの贈与の入力はこれで終わりです。

もし他にも貰った財産がある場合はピンク色の「財産の追加」ボタンを押して、この流れを繰り返して入力してください。

「入力終了(次へ)」をクリックすると↓確認画面に移るので、問題が無ければここも「入力終了(次へ)」をクリック。
財産入力内容の確認画面

これで、国英さんからの現金500万円贈与の入力が完了しました!
国英さんからの贈与の情報が入っている

2人以上から貰っている場合は2人目以降の入力を忘れずに!

1人からしか財産を貰っていなければ上の画面の一番下にある「入力終了(次へ)」ボタンを押して次の作業に行けますが、
今回は父・国英さん以外に兄の一朗さんからも500万円の現金を貰っています。

こういう場合は表のすぐ下にある「贈与者を追加する」ボタンから、2人目からの贈与の入力を忘れないようにしてください!
「贈与者を追加する」ボタンをクリック

やり方は国英さんの場合と同じですね。
兄・一朗氏の情報を入力

財産の入力も終わって、2人分ちゃんと入りました〜(^^
この状態を確認したら、画面一番下までスクロールして「入力終了(次へ)」をクリックします。
2人分ちゃんと入力されている

上の財産区分欄に「特例贈与財産」「一般贈与財産」とありますが、これにはちゃんとした意味があります。
実は、父・国英さんからの贈与と兄・一朗さんからの贈与では贈与税の税率が違うんです。
(親や祖父母など「直系尊属」と呼ばれる人からの贈与は通常より税率が安くて、その対象を「特例贈与財産」と呼びます。)

この点については↓以下の別記事にて解説しています。
特例贈与財産とは?新設された贈与税の特例税率を解説します

ここまで入力すれば、ひととおりの計算が完了です!

贈与税額の計算結果が出た!

次の画面に行くと武英さんが払うべき贈与税額が計算・表示されます。
贈与税額計算結果表示その1

贈与税額計算結果表示その2

今回、武英さんは204万円の贈与税を払え!と出ました。
半分の500万円分は特例贈与で税率が下がっているとはいえ、それでも1,000万円のうちの204万円なので、やはり贈与税は高いですね…。

もし、父・国英さんから過去に贈与を受けて「特例税率」を使ったことがある場合、この画面のある↓「過去の贈与税の申告状況の入力」のボタンから、国英さんとの親子関係を証明する書類(=武英さんの戸籍謄本)を「提出した年」と「提出先の税務署」を入力してください。
過去の特例税率の情報を入力

ここを入力することにより、今回改めて戸籍謄本を出し直す必要は無くなります。
(今回初めて受ける場合の手続きについては後述します)

納付方法を確認の上、住所・氏名など申告する人の情報を入力

その次の画面からは、申告する武英さん自身の情報を入力していきます。
まず目に入るのは納付方法の案内。ここでは3つが表示されています。(詳しくは後述)
納付の方法は3つ(本当は4つ)

ただ、実はもう1つ、今年から新しく始まった納付の方法があって、
それで税金を払いたい場合はここでひと作業が必要です。
その方法とは、コンビニでのQRコード納付です。

コンビニQR納付希望の場合=チェックを入れるのを忘れずに!

コンビニQRコード納付の詳しい内容は後述しますが、もしこれをを希望する場合、
ここで↓これと似たような画面が表示されているので(↓コレは所得税の確定申告書の作成画面です)
ここで「納付用QRコードを作成する」のボタンを押してチェックマークを入れてください。
「納付用QRコードを作成する」ボタンにチェックマークを入れる

こうすることで、申告書と一緒にQRコードも作成してくれます。

ただ、このコンビニQRコード納付は税額が30万円までしか選べません。
今回の武英さんは204万円も払わなきゃいけないので、この方法は選択不可。
なので↑上の画面にも出てこなかったんですね(^^;

申告する人の住所・氏名などを入力

納付方法を確認したら、その下の画面にスクロールして申告する人自身の住所・氏名などの情報を入力します。
(タテに長くて、しかも字が細かいのです…)
申告者の住所・氏名などを入力

ひと通り入れたら…お、「申告書等作成終了 次へ」という、今まで見たことないボタンが現れました!
これを押すと…。
「申告書等作成終了 次へ」をクリック

マイナンバーを入力せずに次に行こうとすると「入れろ!!」ってアラートが出ますが、キャンセルを押せばそのまま次に進めます(^^;

申告書が出来上がりました!!
この画面から申告書などの保存と印刷が可能です!
贈与税申告書の印刷画面その1

贈与税申告書の印刷画面その2

コンビニQRコードを選択した場合、ここの中にQRコードもちゃんと入ってきます(^^

【ついに】贈与税の申告書が完成!

こうした流れを経て、冒頭にお見せした贈与税の申告書がついに完成しましたー!
贈与税の申告書

贈与税申告書の添付書類

ふー、疲れましたね(^^
 
…ここまで読んでくれている方は果たしてどれだけいるんでしょうか?

印刷後は第一表の氏名欄の右端に押印もお忘れなく!
(印鑑は認印でOKですが、シャチハタは控えた方が良いかと思います。)

申告書が完成したら、お次は提出&納付!

って、ここでホッとしててはダメですよー。
申告書を作って印刷して、これで終わり…ではもちろんなく、申告書を提出して税金を納めるまでが贈与税の申告です。

以下、申告書の提出から税金の納付までの流れをざっとお伝えします。

添付書類を準備しよう

今回の武英さんの場合、申告書に添えて出さなければいけない書類は以下の2点です。

  • 武英さんの戸籍謄本(原本提出です)
  • マイナンバーの本人確認書類のコピー(申告書にマイナンバーを記入している場合)

国英さんからの贈与について税率が安い「特例税率」を使うためには、
税務署に対して、武英さんと国英さんの親子関係を証明する書類(=武英さんの戸籍謄本)の提出が必要
なので、それを添付します。
(戸籍謄本は本籍地のある市区町村で取ることができます)

あと、マイナンバーの本人確認書類としては、

  • マイナンバーカード(プラスチックのやつ)
  • マイナンバーの通知カード(紙のやつ)+写真付きの身分証明証(免許証など)
  • マイナンバーが記載された住民票の写し+写真付きの身分証明証(免許証など)

のいずれかの組み合わせのコピーの添付が必要です。

印刷した申告書の中に貼り付け台紙が含まれていますので、その中の指定された場所に貼り付けてください。
(↓こんなフォーマットをしています)
本人確認書類添付台紙

いざ提出!

申告書も印刷したし、添付書類もちゃんと揃えた。
そうなれば、お次はそれを、住所地を管轄する税務署に出すだけです。
(どの税務署に出すかは申告書に印字されています。京都市左京区であれば左京税務署、など。)

紙で出す場合、税務署への提出方法は2つあります。
直接持参郵送です。

直接持参する場合

税務署の開庁時間(8:30〜17:00)内に受付窓口に提出しましょう。
開庁日は基本平日ですが、一部の税務署は2/24と3/3(2019年の場合)も開庁していますので、サラリーマンの方はこの日に持って行くのがベストでしょうか。
参考ページ【税務署の開庁時間】|国税庁

2/24と3/3の開庁場所は必ずしも税務署とは限らない点に注意が必要です。
たとえば、私の地元・京都府の場合、開庁は宇治税務署と京都府中小企業会館に設けられる「広域センター」の2箇所のみです。

その他、全国の地域別の開庁場所の確認は以下のリンク先をご覧ください。
平成30年分確定申告期の確定申告会場のお知らせ|国税庁
平成31年2月24日及び3月3日の日曜日に確定申告の相談等を行う税務署|国税庁

窓口に提出したら収受日付印を押した控えを返してくれます。
これで提出は完了です。

そして、そのまま別の窓口で税金の納付までやっちゃいましょう。
税務署に行く時間は取られますが、提出→納付までスムーズに行くのはおそらくこちらかと思われます。

郵送する場合

持参するのはめんどくさいという方は郵送でもOKです。
こちらの場合、注意点がいくつかあります。

  • 返信用封筒の同封を忘れずに!
    収受日付印を押した控えを返送してもらうために、切手を貼った(←ここ重要)返信用封筒を同封するするのを忘れないでください。

    切手を貼ってない、とか、料金が足りない、なんて場合に、税務署側で負担してまで控えを返送してくれることはありません。
    「えー?」って思うでしょうが、逆の立場(返送する側)で考えてみたら、まぁ納得かな、と…。

    贈与税の申告書の控えは、贈与の時点だけではなく、その後の相続を見据えてもとても重要な書類です。
    申告書の控えは確実に手元に残るようにしておきましょう。

  • 郵便または信書便で送る!
    確定申告書は信書にあたるので、郵便か信書便でしか送ることができません。
    ゆうパックなど信書便以外の方法での送付は法律上厳禁ですし、期限ギリギリの場合、提出期限までに間に合わない、なんて事態も起こりかねません。
    参考記事税務署に申告書を郵送した場合の提出日は通信日付印で判断します

  • 納付についても別途確実に行う!
    以下のいずれかの方法で、確定申告期限までにしっかりと納付しましょう。

納付の方法は主に3つ

途中でも出てきましたが、紙で申告書を出す方が現実的に採れる税額の納付方法は以下の3つです。

所得税や消費税で使える振替納税は贈与税にはありませんので要注意です!

その1:コンビニQR納付

1つ目は、先ほども紹介した、今年から新たに加わったというコンビニQRコード納付です。

このコーナーで指示を出せば(前述)↓こんなQRコードが作成できますので、
これをコンビニの「Loppi」や「Famiポート」に読み取らせることによってバーコード(専用の納付書)を出力し、それをレジに持参して納付します。
コンビニ納付用のQRコード

注意点は、

  • 利用可能なコンビニエンスストアは
    ・ローソン、ナチュラルローソン、ミニストップ(いずれも「Loppi」端末設置店舗のみ)
    ・ファミリーマート(「Famiポート」端末設置店舗のみ)
    のみ
  • 利用可能額は30万円以下

の2点です。

使える税額に制限はあるものの、いちいち払いに行く時間もないサラリーマンの皆さんにとっては便利な方法かもしれませんね。

コンビニQR納付のより細かい情報は国税庁の以下のページをご覧ください。
[手続名] コンビニ納付(QRコード)|国税庁

その2:クレジットカードで納付

お次は、これまた最近(2017年)可能になったクレジットカード納付です。
専用サイトから画面上でパパッと納付が完了するので、こちらも平日に銀行なんか行けない!という方にオススメです。

この方法のデメリットは納付の金額に応じた手数料がかかることです。
納付額の約0.8〜0.9%ほどの率なので、今回の国英さんの場合は16,744円もかかります。
ポイント還元率が低いカードの場合は手数料負担で赤字になりますし、単純にこの額は高いですよね…。
(ただ、便利な方法ではあるので、納付税額が少ない場合は検討に値しますね。)

クレジットカード納付については以下の記事で紹介・解説しています。
国税のクレジットカード納付が可能に!【2017年1月から】

その3:納付書を使って現金で納付

最後は、「納付書」という専用の用紙を使って金融機関で現金で納付する方法です。
納付書は金融機関機関に置いてある場合が大半ですが、もし無ければ、税務署から取り寄せる必要があります。

申告書を郵送する場合、
「納付書で納めたいので控えの返送時に納付書を同封してください」
みたいな感じのメモ書きを添えれば控えと一緒に納付書を送ってくれるケースがほとんどですが、
その場合でも、納期限は3/15で変わらないので、遅れないよう早めに送りましょう!

 
繰り返しになりますが、税金を納めるまでが贈与税の申告です(^^;
税金の納付を3/15までに完了させないと、滞納扱いでいらん利子がついちゃいますので気をつけて下さいね!

まとめ 現金のみの贈与なら自分で申告しちゃいましょう!

以上、「贈与税の申告書作成コーナー」を使って贈与税の申告を自分でする方法について、
申告書の作成から提出・税金の納付まで、一連の流れを全て紹介してみました!

恐ろしく長い記事になってしまったので「おえ〜っ」と思われている方もいるかもですが、
いざやり始めると意外とスムーズに行けちゃうので大丈夫です!(多分…)

贈与税の特例を適用したり、貰った財産について複雑な計算を伴う場合は
我々税理士に申告を任せる方が良いと思いますが、
この記事のように、「現金だけ!」という場合は、自分で作って持って行った方が結果的に早く&安く(←税理士が言うかオイ)済みます。

是非、ご自身で申告することにトライしてみてください!

・「どんな場合に贈与税がかかるの?」など、贈与税のキホンを解説しています。
贈与税とは?贈与税のキホンをわかりやすく解説します

・必要な都度援助してあげるお金は贈与税非課税ですのでご安心を!
仕送りや入学・結婚資金の援助に贈与税はかかる?

【相続税・贈与税のまとめページのご案内】
当サイトで相続税・贈与税について解説している全記事をテーマ別にまとめました。
「相続税・贈与税の解説記事のまとめ」ページを見る
おすすめ記事

「相続税や贈与税ってどんな税金?」そんな疑問を解消するべく、当サイトで相続税や贈与税について解説している記事をテーマ別に一覧でまとめました。一般の方向けの内容から税理士向けのマニアックな話までいろいろありますが、一般の方はま[…]

相続税・贈与税 解説記事の全記事一覧
相続でお困りの方へ:お気軽にご相談ください!
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所では、相続税に関するご相談や申告のご依頼をお受けしています。
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師である税理士が、わかりやすいアドバイスで皆様をサポートします。
 尾藤武英税理士事務所ホームページはこちら
この記事は、京都の税理士・尾藤武英が税金に関する話をできるだけわかりやすくお伝えする目的で公開しています。
記事の無断転載はくれぐれもご遠慮ください。
また、お気付きの点などがありましたらお問い合わせフォームよりお知らせください。
>お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

弊所へのご依頼に関する面談は無料にて承っております。
お問い合わせはメールフォームまたはお電話にてお受けいたします。

CTR IMG