プライバシーポリシー

尾藤武英税理士事務所(以下弊所)では、個人情報の保護に関する法律その他の関係法令を遵守し、お客様の個人情報の適切な保護と利用に努めます。

個人情報の適正な取得について

弊所は、個人情報を利用目的の達成に必要な範囲内で、適法かつ適正な手段で取得します。

個人情報の利用目的について

弊所は、お客様から収集した個人情報を以下の目的で利用致します。ただし、お客様ご本人の同意がある場合、個人情報の保護に関する法律その他の関係法令により認められる場合はこの限りではありません。
・お客様への連絡のため
・お客様からのお問い合せに対する回答のため
・税理士業務遂行のための情報管理、書類等の発送のため

個人情報の第三者への提供について

弊所は、以下の場合を除き、お客様より取得した個人情報を第三者に開示または提供することは致しません。
・お客様ご本人の同意がある場合
・警察など、官公署からの要請があった場合
・個人情報の保護に関する法律その他の関係法令の適用を受ける場合

個人情報の開示、訂正等について

弊所は、個人情報について、お客様ご本人からの自己情報の開示、訂正、削除等のお申し出があった場合は、個人情報の保護に関する法律の定めに従い、誠実かつ迅速に対応致します。

Cookieについて

当ウェブサイトでは、一部のコンテンツにおいてCookieを利用しています。
Cookieとは、Webコンテンツへのアクセスに関する情報であり、お名前・メールアドレス・住所・電話番号は含まれません。
また、お使いのブラウザ設定からCookieを無効にすることが可能です。

アクセスログについて

当ウェブサイトでは、アクセスされた方の情報をアクセスログとして記録しています。
記録された情報には、個人を特定できる情報は含まれておりません。
アクセスログは当ウェブサイトの管理や利用状況に関する分析のために利用致します。

当ウェブサイトが使用しているアクセス解析ツールについて

当ウェブサイトでは、以下のアクセス解析ツールを利用しています。
WordPress.com
Googleアナリティクス
Slimstat Analytics(WordPressプラグイン)

これらのツールはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することができますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
また、これらのサービスにおいて取得・収集される情報については、以下のプライバシーポリシー(Googlアナリティクス)をご確認ください。
Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用 – ポリシーと規約 – Google

プライバシーポリシーの変更について

当ウェブサイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。
修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。

個人情報保護方針に関するお問い合わせ先

〒606-0837 京都市左京区下鴨夜光町27-1-3-B
TEL:075-703-5305
尾藤武英税理士事務所

当ウェブサイトの個人情報の取り扱いに関するお問い合わせはお問い合わせページよりお願いいたします。

税金記事に関する免責事項及び著作権について

免責事項

当ウェブサイトのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当ウェブサイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますことをご了承ください。
また、当ウェブサイトからリンクやバナー等によって移動された他のウェブサイトで提供される情報やサービス等についても一切の責任を負いかねます。
税金に関する個別具体的な事例につきましては、顧問税理士やその他の専門家にご相談ください。

本免責事項、および、当ウェブサイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

著作権について

当ウェブサイトに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。
当ウェブサイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

当ウェブサイトの記事からの引用につきましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けますが、
引用許可範囲についても、事前予告なくこれを変更することがあります。
また、当ウェブサイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。

なお、当ウェブサイトでは、右クリックコピーの内容を把握するWordPressプラグイン「Check Copy Contents」を導入しております。
主目的は読者が関心を持つコンテンツの把握ですが、無断転載があった場合、その解決のためにこのプラグインで収集した情報を利用することがあります。