相続税・贈与税の申告

【サービス・料金のご案内】相続税・贈与税の申告

「税理士に相続税の申告を頼みたい!」というお客様へのサービスのご案内ページです。

弊所は開業以来、相続税や贈与税の申告と相談を専門としてきました。

お客様にとって、ただでさえ不安やわからないことだらけの相続の世界。
申告期限まで最長でも10ヶ月という限られた時間の中で、お客様と心を通わせながら「申告書の提出」という一つのゴールへと向かっていくのは税理士にとっても大きな仕事です。
だからこそ、申告書の提出が終わって「任せて良かった」とお客様に喜んで頂けた際に得られる喜びには計り知れないものがあります。

そのような機会に1つでも多く出会えるよう、知識、経験の両面で日々研鑽を積んでいます。
相続に関して皆様が抱いていらっしゃる様々な不安を取り除くお手伝いができれば幸いです。

びとう
びとう

税理士試験の予備校で相続税を教えていた税理士が直接担当。
豊富な知識でわかりやすくサポートいたします!

こんなこと、お困りではないですか?

ふきだし

身内が亡くなったけど何をすれば良いのかすらわからない。

ふきだし

相続税がいくらかかるのか不安だ…。

ふきだし

相続税の申告を自分でやろうかと思ったけど、なんか難しそう…。

ふきだし

相続手続きがいろいろありすぎて困る…。
任せられることは他人に任せて、自分たちがやるべきことに集中したい。

ふきだし

税務署から『相続についてのお尋ね』『相続税の申告案内』っていう手紙が来たけど、どうすればいいの?

びとう
びとう

これら全て、我々税理士がお手伝いさせて頂くことで解決できるお悩みです。
相続税についてお困りの方はどうぞ安心してご相談ください!

弊所にできること(弊所が行うサービスの内容)

  • 不動産や非上場の株式など、計算が難しい相続財産を適正に評価します。
    (京都の税理士なので、ウナギの寝床のような形状や前面道路の幅が狭いなど、イレギュラーな土地の評価経験も豊富です)
  • 名義預金や生前贈与など、申告漏れが起きやすい財産の有無を確認します。
  • 財産目録の作成や一次・二次相続における税額の試算など、遺産分割協議に必要な情報を提供します。
  • 相続税額を計算し、その根拠や適用可能な特例、必要な納税資金などの情報をわかりやすくお伝えします。
  • 相続税に強い税理士が最後まで一貫して対応。責任を持って申告書を作成します。
  • 状況に応じ、弁護士や司法書士などの専門家や関連業者と連携してサポートします。
  • 申告書提出後の税務調査にも対応します。
    (すべてのお客様に起こるものではないため、申告書の作成とは別料金となります)
相続税の申告書
申告書控えはこのようなファイルに入れてお渡ししています。

弊所の相続税申告の「5つの特長」

1:税理士試験「相続税法」元講師の税理士が直接対応いたします

税理士試験の予備校で「相続税法」を教えていた税理士が直接担当。
わかりやすいアドバイスで皆様の不安を解消し、
豊富な知識を活かした申告書を作成することで、
「この人にお願いしよう」とお任せをいただいたお客様のご期待に全力でお応えします。

びとう
びとう
びとうの詳しいプロフィールはプロフィールページをご覧ください。

2:税務調査対策に効果大!「税理士法第33条の2の添付書面」は標準添付です

税務調査対策として、相続税の申告では特に効果が大きい「税理士法第33条の2の添付書面」。
弊所ではこの書面を追加料金無しで申告書に添付しています。

税理士法第33条の2の添付書面
「税理士法第33条の2の添付書面」標準添付です。

3:土日祝日でも面談をお受けいたします

弊所は基本的な営業日を平日のみとしておりますが、
相続人様のご事情を踏まえ、相続税の申告業務につきましては土日祝日も面談をお受けしています。
また、面談の開始時間につきましても、営業時間(10:00〜18:00)に関わらず柔軟にお受けいたします。

ふきだし
平日に休みなんて取れないんだけど…。

などのご心配は無用ですのでご安心ください。

4:税理士としての領分をわきまえます

税理士はあくまでも「税務のプロ」であり、弁護士などの「法律家」ではありません。
本来弁護士が行うべき法律相談業務に深く立ち入るなどもっての外。
税理士としての領分をわきまえ、「税務のプロ」としてご満足頂けるサービスの提供に尽力します。

びとう
びとう

法律による制約などから、全ての手続きを税理士がお受けすることはできませんが、
司法書士や弁護士などの専門家や関連する業者様とも連携しながらサポートいたしますのでご安心ください!

5:「抱き合わせ販売」はいたしません

「相続してお金が増えたついでにこれもどうですか?」
など、お客様にとって不要と思えるサービスや商品の押し売りはいたしません。

対応地域【全国対応・オンライン対応いたします】

京都府全域、滋賀県全域を中心に全国対応いたします。
面談は弊所またはご希望の場所(ご自宅が多いです)にて承ります。
Zoomなどのビデオ会議システムを利用したオンラインでの面談や打ち合わせも可能です。

面談場所が京都市近郊以外の場合、回数に応じて交通費実費のご負担をお願いすることがございます。

よくあるご質問

相続税がかからないかもしれないんですが、それでもお願いしていいですか?
もちろんです!
過去には、受任して業務を進めた結果、相続税の基礎控除内に収まり申告せずに完了したお客様もいらっしゃいました。
相続税がかかるかどうかは実際に計算してみなければわからない部分もありますので、ご不安に思われている方はご相談いただくことをおすすめいたします。
初回の面談は有料ですか?
申告のご依頼に関する面談は無料にてお受けしております。
なお、面談の結果受任に至らず、内容が単発の税務相談に類する場合は相談料を請求させていただく場合がございます。
初回の面談時には何を持っていけばいいですか?
特に不要です。
初回の面談ではお客様のお話をお伺いし、弊所に相続税申告をご依頼いただけるかをお客様にご判断いただく時間としております。
(その場で契約を迫ることもありませんので、印鑑などのご持参も不要です)
弊所へのご依頼が決まり、契約書の締結が完了した時点で揃えていただきたい資料をお伝えいたします。
申告書の作成に必要な資料は全部こちらで揃える必要がありますか?
税理士の職権に限界があること、また、皆様ご自身にも財産や債務の状況を随時把握していただきたいという趣旨から、資料の収集は原則お客様にお願いしております。
必要な資料やその取得の方法は面談時に詳しくお伝えしますので、ご安心ください。
税理士に頼めば絶対に払う税金が少なくなりますか?
必ずしもそうとは言い切れません。
というのも、相続税は名義にとらわれず「実質」で誰の財産なのかを判断しますので、そこに対する認識のズレがある場合、「なんか思った以上に相続税が増えていくんやけど」ということもあり得ます。
私自身、たとえ申告書を出す時点では払う税額が少なく済んだとしても、その後税務調査が入り、当初払うべきだった税額に加えて利子や罰金まで払うハメになった…となっては意味が無いと思っています。
税務署から突っ込まれる要素は可能な限り排除し、また、節税もしっかりとされている、そんなバランスの効いた申告書の作成を心がけています。
一度も顔を合わせずに申告まで行く(オンラインだけで済ませる)ことは可能ですか?
弊所は全国対応・オンライン対応可能としておりますが、契約締結までに必ず1度は対面での面談をお願いしております。
また、申告書の作成完了時(申告書に押印をいただく時)につきましても、可能な限り対面での面談をお願いしております。
その際は出張にて対応いたしますが、面談場所が京都市近郊以外の場合、回数に応じて交通費実費のご負担をお願いすることがございます。

料金の目安

記載が無いものは全て消費税(税率10%)込みの金額です。

相続税の申告

  • 非課税・特例などを適用する前の財産の総額×0.8%~1.2%(消費税別)
計算例
非課税・特例などを適用する前の財産総額が1億円の場合:880,000円~1,320,000円の間となります。

ご依頼の結果申告に至らなかった場合(計算の結果、相続税の基礎控除以内に収まった場合など)には、↓下記「要否の判定」の報酬を適用させて頂きます。

相続税申告の要否の判定

  1. 基本報酬:22,000円
  2. 加算報酬:0円〜220,000円

※加算報酬の額は作業のボリュームや内容に応じて変動致します。

贈与税の申告

  • 金銭のみの贈与(各種非課税規定非適用)の場合:22,000円
  • それ以外の場合:55,000円~220,000円

その他の業務

修正申告(一旦申告した税額が過少だったので申告し直す場合)

  1. 基本報酬:相続税110,000円、贈与税55,000円
  2. 修正申告の対象となる財産の総額×0.8%〜1.2%(消費税別)
  3. 上記❶と❷のいずれか多い金額

※「税理士法第33条の2の添付書面」を新たに添付する場合:22,000円〜55,000円を追加で頂戴いたします。

更正の請求(一旦申告した税額が過大だったので申告し直す場合)

  1. 基本報酬:相続税110,000円、贈与税55,000円
  2. 更正の請求に伴い還付される税額×10%〜20%(消費税別)
  3. 上記❶と❷のいずれか多い金額

※「税理士法第33条の2の添付書面」を新たに添付する場合:22,000円〜55,000円を追加で頂戴いたします。

財産債務調書の作成

  • 55,000円〜165,000円

お申し込みの方法【メールフォームまたは電話】

お申し込みは以下のメールフォームまたはお電話よりお受けいたしております。

メールフォーム

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信」のボタンをクリック下さい。
2営業日以内にメールで返信、初回面談の打ち合わせ日時や場所などをご相談させていただきます。
(※弊所の個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご確認下さい。)

    お名前【必須】

    電話番号

    メールアドレス【必須】

    お申し込みの詳細【必須】

    チェック項目【必須】

    電話

    電話番号:075-703-5305
    受付時間:平日の10:00~18:00(土・日・祝日は受付をお休みさせて頂きます。)

    お電話でのお申し込みについて
    営業・セールス電話への対策から、弊所では留守番電話を常用しております。
    お手数ですが、留守番電話のアナウンスが終わりましたらメッセージをお残し下さい。
    お電話番号・ご用件を確認の上、翌営業日までに弊所より掛け直させて頂きます。
    (申し訳ございませんが、メッセージがない場合は掛け直しを控えさせていただいております。
    確実な返答をご希望の方はメールフォームをご利用ください。)

    相続税に関するその他の業務(詳細は各ページをご覧ください)

    1.相続税対策(相続税の試算)

    円満な相続には生前からの相続対策が欠かせません。
    弊所では、相続人様全員の円満かつ円滑な財産の承継を実現するために、

    • 将来相続が起こった場合の税額の試算
    • を行なった上で、

    • お客様の状況に応じた「納税額を減らす」「納税資金を確保する」「遺産分割でもめない」ための最適なプラン

    をご提案させて頂きます。

    2.セカンドオピニオンなど、単発の個別相談

    • 相続税ってどんな場合にかかるの?
    • こういう場合って贈与になるの?
    • 一番有効な相続対策って何?
    • 将来の相続に向けて今のうちから意識しておかなければいけないことは何?
    • 相続税や贈与税の税務調査ってどんなときに入るの?
    • 他の税理士からこうした方が良いと言われたけど、他に有効な方法は無いか?
    • 今の顧問税理士は相続にあまり詳しくないみたいなので、相続対策や事業承継についてのアドバイスが欲しい。
    • 既に提出した相続税の申告内容が不安なのでチェックして欲しい。

    このような疑問をお持ちの方も遠慮無くご相談ください。
    相続税に強い税理士の視点で、最善の方法をご提案いたします。