令和4年分確定申告受付中です【詳しくはこちら】

納税月報2022年11月号に寄稿しました【インボイス制度対応早わかりフローチャート】

納税月報2022年11月号表紙

この度、納税協会が発行する納税月報2022年11月号に寄稿しました。
テーマは「インボイス制度 対応早わかりフローチャート」
納税月報2022年11月号表紙

導入までいよいよ1年を切ったインボイス制度について、
売り手側、買い手側、それぞれの立場として自社はどう対応すべきかという点について、4ページにわたり掲載していただきました。

まず前半の2ページでは、売り手側として必要とされる対応、つまり、
「自社はインボイス発行事業者になるべきかどうか」の判断基準をフローチャートで解説。
納税月報2022年11月号掲載内容

また、後半の2ページでは買い手側として気をつけるべき6つのポイントをQ&A形式で解説しました。
納税月報2022年11月号掲載内容

編集部の方からは

編集部の方
読者対象である中小企業の経営者や経理担当者にも伝わるやさしい記事をお願いします!

との、なんともハードルの高〜いお願い(笑)をされたんですが、
そのご希望に少しでも添うことができていれば嬉しいです。
(テーマがテーマだけに難しかった…)

掲載号は1ヶ月間、↓以下のページでも公開されています。
税の読み物|納税協会

公開期間は11/15から約1ヶ月の予定です。
納税協会の会員さんは現物が郵送で届きますが、
そうでない方も上記ページからどうぞご覧ください!
(1ヶ月間の限定公開なのでお早めに!)

インボイス制度の解説は以下の記事をどうぞ。
(今回寄稿した内容もふんだんに盛り込んでいます)
インボイス制度に個人事業主はどう対応すべき?【売上1000万以下事業者の選択肢は3つ】

【関連記事】


 京都の税理士・尾藤武英税理士事務所
代表税理士がすべての業務を直接担当。
元予備校講師の経験を活かしたわかりやすいアドバイスでお困りごとを解決します。
オンラインでもお受けしていますので、お住まいの地域問わずお気軽にどうぞ。  

この記事を書いた人

税理士 尾藤武英

税理士 尾藤 武英(びとう たけひで)
京都市左京区下鴨で開業している税理士です。
過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。
Macユーザーで、クラウド会計を活用したスモールビジネス支援にも力を入れています。
詳しいプロフィール(運営者情報)を見る
趣味ネタ中心の個人ブログ「コトカラテル」