「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」とは?

国税庁が「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」を公開

2019年1月、国税庁が「公営競技の払戻金の支払を受けた方へ」というページにて「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」というExcelシートを公開しました。
(リンククリックで直接ダウンロードできます)
公営競技の払戻金に係る所得の計算書(xlsx/35KB)

↓このような見た目をしたシートです。
公営競技の払戻金に係る所得の計算書

この記事では、この計算書の使い方を紹介した上で、
ここから読み取れる「馬券の税金計算の考え方」やこの計算書ができた背景についてもあわせて解説していきます。

以下、競馬の馬券に絞って話をしていきますが、競輪や競艇など、その他の公営競技の払戻金を受けた場合も同じ取り扱いとなります。
この記事の運営元:京都市左京区の尾藤武英税理士事務所
税理士試験受験予備校の元講師が運営する税理士事務所です。
わかりやすいアドバイスで皆様をサポートいたします。

国税庁が公開した「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」とは?

まずはこの計算書の使い方を紹介していきましょう。
↓以下のリンクをクリックしてシートをダウンロードしてください。
公営競技の払戻金に係る所得の計算書(xlsx/35KB)

中を開けてみると↓こんな見た目をしたシートが出てきます。
公営競技の払戻金に係る所得の計算書

 
こちらは、冒頭に紹介した「公営競技の払戻金の支払を受けた方へ」というページで↓このように推奨されている馬券のもうけの計算方法をそのまま再現するために用意されているものです。

公営競技の払戻金に係る所得は、「払戻金に係る受取額」・「払戻金に係る投票額(当たり券の投票額)」などを「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」に入力して計算します。

引用元:公営競技の払戻金の支払を受けた方へ|国税庁

国税庁「払戻金の支払を受けた方へ」

引用元:払戻金の支払を受けた方へ(リーフレット)(PDF/618KB)

 
使い方はいたって単純で、↓このように、当たったレースの情報を1つずつ入れていくことで、馬券の払い戻し金額と購入金額それぞれの年間の合計額が計算されます。
「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」に入力した状態

ふきだし
国税庁の人
馬券が当たるごとにこれに入力して、1年間の集計結果を確定申告してくださいね!

というもののようです。

50万円控除前の一時所得の金額が出せます

注意点としては、このシートで出せるのはあくまでも「収入-経費=所得」の金額だ、という点です。

一時所得の金額は、

  1. 収入から経費を引いて
  2. そこから最大50万円の特別控除を引いて
  3. その後その金額を1/2する

という流れで求めますが、このシートで出せるのはこのうち①の流れだけです。

逆に言えば、このシートに入力して出た「年間受取額」から「年間投票額」を引いた金額が50万円を超えない限り、確定申告は気にする必要はないということですね。

びとう
びとう
ただ、馬券収入の他に一時所得の収入となるもの(例:法人からの賞品やふるさと納税の返礼品、満期の保険金収入など)がある場合は、それらも含める必要があるので注意です。

シートの仕様から読み取れる「馬券の税金計算の考え方」とは?

このように、使い方自体は単純な「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」ですが、
このシートには、↓以下の別記事で解説している「馬券の税金計算の考え方」がしっかりと反映されています。
関連記事競馬の馬券にかかる税金の計算方法とは?

その「考え方」とは2つあって…。

その1:外れ馬券は経費にできない

まず1つ目は、結構有名な「ハズレ馬券は経費にならない!」という話です。
一時所得の計算上経費として引けるのは、あくまでもその収入を得るために直接支出した金額だけです。

つまり、たとえボックス買いやフォーメーション買いで当たった馬券であったとしても、
経費として引けるのは、払戻金に直接対応する1点の購入費用だけとなります。

この点、このシートでも↓このようにバッチリと強調されています。
「外れ馬券は含めるな」と強調されている

その2:年間収支は関係なく、当たった分だけをピックアップする

また、馬券の税金に関する勘違いとして、

ふきだし
税金の申告が必要なのって、馬券の年間収支がプラスになったときだけやんね?

というのがありますが、これも実は正しくなくて。
たとえ年間収支がマイナスでも、馬券が当たって払戻金をゲットしているのであれば、その払戻金だけを対象として一時所得の申告が必要です。

このシートはそれもちゃんと意識してるんやなぁ、と感じるのが、このシートの長さです。
実はこのシート、縦にとんでもなく長〜い作りになっていまして。(左の行数に注目)
公営競技の払戻金に係る所得の計算書の最下部

13行目から始まる入力欄がなんと535行目まで続きます。(=入力欄を523行も設けてくれている)

ふきだし
国税庁の人
だって、1年分の的中票を全部集計するんだから、これぐらいの行数はいるでしょ?

という国税庁の悪意意図を感じざるを得ません…。
つーか、たった1年でそんなに当たるわけないやろ!

2018年10月の会計検査院の指摘からこのシートが作られました

ちなみに、こんな計算書が今年(2019年)に入っていきなり出てきた背景には、
昨年10月、会計検査院から↓こんな指摘が入ったことが挙げられます。

所得税においては申告納税制度の下、一定の申告漏れが生じ得ることを踏まえても、なお多額の競馬等の払戻金に係る所得が申告されていないと認められる状況となっていた。
そして、納税者において、競馬等の高額な払戻金を得た場合に申告を行うようにすることが定着していない状況がうかがわれた。
一方、国税庁は、納税者に対し、確定申告が必要となる旨の周知を行ってはいたものの、方法を工夫して広報を充実させる余地があると認められた。

(中略)

本院の検査によって明らかになった状況を踏まえて、今後、国税庁において納税者に適正な申告を促す広報を充実させるとともに、財務省において競馬等の払戻金に係る所得に対し、適正な課税の確保に資する所得の捕捉等に関する様々な制度の在り方について、関係する省庁等との議論を踏まえ検討していくことが必要である。

本院としては、今後とも競馬等の払戻金に係る所得に対する課税について、引き続き注視していくこととする。

引用元:競馬等の払戻金に係る所得に対する課税状況について | 会計検査院

いやいや、ここよりもっと注視すべきところがあるでしょ!と正直思いますが…。
こうして指摘されたことへの第一弾の対応として国税庁が出してきたのが今回の「公営競技の払戻金に係る所得の計算書」だった、というわけです。

今後、これに終わらず第二第三の手が出てくるのか、税理士としても、競馬ファンとしても注目しています…。

びとう
びとう
つーか、このシートを見てある意味一番気になったのが、シートの最上部に入っている↓この文言ですよ…。
Excelの計算結果を検算しろの指示!?

Excelの計算結果が信用できないから検算してくれって…うーん、クラクラする(笑

そんな「計算書」は以下の国税庁のページで公開されています。

馬券の税金計算の流れを図を使いながら詳しく解説しています。
競馬の馬券にかかる税金の計算方法とは?

おすすめ記事

今日、朝起きたら「競馬の馬券の払戻金を脱税した人が起訴された」というニュースが各マスコミを賑わせていました。関係者によると、元課長は2012年と14年、日本中央競馬会(JRA)の馬券の一種「WIN5」で4億3000万[…]

一口馬主の確定申告完全ガイド
お困りの方へ:お気軽にご相談ください!【全国対応可能です】
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所では、所得税や確定申告に関するご相談をお受けしています。
税理士試験受験予備校元講師である税理士が、わかりやすいアドバイスで皆様をサポートします。
 尾藤武英税理士事務所ホームページはこちら
この記事は、京都の税理士・尾藤武英が税金に関する話をできるだけわかりやすくお伝えする目的で公開しています。
記事の無断転載はくれぐれもご遠慮ください。
また、お気付きの点などがありましたらお問い合わせフォームよりお知らせください。
>お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

弊所へのご依頼に関する面談は無料にて承っております。
お問い合わせはメールフォームまたはお電話にてお受けいたします。

CTR IMG