一口馬主の確定申告完全ガイド【サラリーマン向け】

一口馬主の確定申告完全ガイド

AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校「相続税法」講師。相続税や所得税など「個人の方にかかる税金」に特化した税理士として活動中。個人で運営し、「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。詳しいプロフィール「DEEN 税理士」「Nikon 税理士」で検索1位な個人ブログはこちら

2月に入り、確定申告の時期がいよいよ近づいてきました。

これをご覧の一口馬主な皆さんの手元にも、各クラブ法人が発行する確定申告資料が届き始めているのではないでしょうか。
超零細一口馬主(去年やっと1頭目がデビューしました)である私のところにも昨日書類が届きましたー。

…私自身は去年は「収入金額ゼロ」だったので申告したくてもできませんが(^^;

この記事では、そんな私とは違って
「一口の配当金を申告しなきゃいけない(orしたい)けど、確定申告書の具体的な作り方がよーわからん」
という方のために、その作り方、さらには申告書の提出税金の納付の方法まで、一連の流れをまとめてみました。

これまで「めんどくさい」とか「よくわからない」といった理由で、
・源泉税の還付を受けられるのに申告はしていなかったという方も。
・長時間待って税務署で処理してもらっていたという方も。
これを見て、是非「自分で申告書を提出する」ことにチャレンジしてみてください!

「サラリーマン向け」とタイトルにも書いているとおり、以下の内容はサラリーマンの方が申告書を作る流れを紹介しています。
ただ、根本的なやり方自体はサラリーマン以外の方でも同じです。
自営業者で自分で申告書を作る、という方も参考にしてみてください。
以下、「一口の配当金を確定申告する」という前提で話を進めていきます。
「儲けが20万円以下なら所得税の申告はいらないよ。でも住民税はいるからね。」
といった話はこの記事では省略します。

申告書を作るなら「確定申告書等作成コーナー」が便利!

最初に完成形を載せてしまうと、↓これが今から作る確定申告書です。

松国厩舎のファンなので、登場人物の名前は武英ならぬ国英にしました(呆

手書きでもいいですが、よりカンタンにできるのが国税庁が出している確定申告書等作成コーナーです。

上のデータもここで作りました。
最初はちょっととっつきにくいですが、役人が作っている割にはそこそこ使いやすくてオススメです。

というわけで、以下、確定申告書等作成コーナーで申告書を作る流れを確認していきましょう!

【今回申告する尾藤国英さんの基本情報】
・去年の収入は勤務先からの給料と一口の配当金の2つのみ。
・給料は勤務先で年末調整を終えている。(源泉徴収票が手元にある)

まずは事前準備から

まず、トップページの「申告書・決算書 収支内訳書等 作成開始」ボタンをクリック。

すると、新しいウィンドウが立ち上がって以下の画面が出てきます。

「e-Tax(電子申告)」と「書面提出」の2つのボタンがありますが、e-Taxはマイナンバーカードなどの電子証明書やICカードリーダライタがないと利用できません。
「そんなん持ってへんわ」って方が大半だと思いますので、今回は紙で出しましょう。
「書面提出」ボタンをクリックします。

e-Taxは上述のとおり初期投資こそ必要ですが、慣れるとこちらの方がむしろ楽です。
(源泉徴収票やマイナンバーカードのコピーなどの添付書類を提出する必要もありませんし)
ゆくゆくはこちらにチャレンジしてみることをお勧めします。

次の画面は利用環境の確認です。
問題がなければ↓このようにチェックボックスをクリックして、この画面一番下の「事前準備終了 次へ」ボタンをクリック。

次のページから、いよいよ入力開始です!

いよいよ申告書の入力を開始!

4つあるうち、一番上の「所得税の確定申告書作成コーナー」のボタンをクリックします。

次の画面では真ん中の「左記以外の所得のある方(全ての所得対応)」をクリック。

次の画面は注意点がいくつか。なので文字を入れました(笑

国英さんは給与所得と雑所得だけなので青色申告は対象外です。
あと、一番下にチェックマークを入れると申告書の形そのままで入力ができますが、申告書に馴染みがない方はチェックを入れない方が無難かと…。

「入力終了」を押して次の画面に来てみたら。
さぁ、本丸である収入金額・所得金額の入力画面が登場ですよー。

【注意】給与所得も忘れずに入力を!

さっそく一口の配当金を…の前に、まずは勤務先の給料で出たもうけ=給与所得を入力しましょう!

サラリーマンの方と話していて意外といらっしゃるのが、
「年末調整されてたら確定申告書に給与の金額は書かなくてもいいんでしょ?」
という声。
それ、間違いです。

確定申告書には1年間に発生した全てのもうけ=所得を記載する必要があります。
年末調整の有無にかかわらず、給与所得ももちろんその対象ですのでお忘れなく!

ちなみに、給与所得の入力方法の説明はここでは省略します。
↓こんな画面が出てきますので、源泉徴収票を見ながら当てはまる場所の数字を入力していってください。

ひととおり入力を終えたら先ほどの画面に戻ってきました。
給与所得の欄に数字が入っています。

お次でようやく一口の配当金を入力します!

【ここがメイン】一口の配当金は雑所得の「その他」の欄に入力します

一口の配当金は雑所得の「その他」の欄に入力します。

次の画面では下段の「上記以外(報酬等)」をクリック。

そして出てきた画面で、各クラブ法人が発行した確定申告資料に書かれている数字を転記します!
いくつかクラブがある場合は、クラブごとに記載です。

「種目」は何にすればいい?

ちなみに、一番左の「種目」は分かればなんでもいいですが、
ウチの業界的には「利益の分配」がしっくりきます。

ここでの必要経費の入力に関して思うところを1つ。
巷では「出資検討のための牧場ツアーも経費にできる!」みたいなことを書いているブログも見かけますが、個人的には違和感アリです。

必要経費はあくまでも「収入を得るため(だけ)に出したお金」であるべき。
大半が遊びなものの全額をそこに含めることには賛成しません。
関連記事ノマドワーカーのカフェ代は経費にできる?所得税の必要経費の考え方

入力後2度「入力終了(次へ)」のボタンを押したら、また先ほどの画面に戻ってきました。
給与所得、雑所得ともに、収入から経費を引いた後のもうけ=所得の金額が入っています。

これで所得の入力が終わったので、画面一番下の「入力終了(次へ)」をクリックして次の入力にいきましょう。

その後は所得控除→税額控除と順次入力

次の画面では社会保険料控除、生命保険料控除や配偶者控除、扶養控除などの「所得控除」を入力します。
給与所得のところで入力した所得控除(年末調整を経て源泉徴収票に書かれているもの)については、数字が自動で転記されています。

年末調整で適用を受けていない、医療費控除やふるさと納税(寄附金控除)などを受ける場合にはここで忘れずに入力しましょう!

その次の「税額控除・その他の項目の入力」ページは国英さんに当てはまるものは基本無いので、スルーでOK。

ここまで入力すれば、ひととおりの計算が完了です。

ここまでの計算結果を確認!

次の画面でここまでの計算結果を確認します。

今回は36,400円の納付という結果になりました。
今回の国英さんは、「給与所得の金額が比較的大きい(税率が高い)+一口の所得も多い」分、一口の源泉税額(61,260円)以上の税額が出てしまったようです。

ここが納付となるか還付となるかは様々な要素が絡み合うので一概には言えません。
「100%還付になる!」と断言できるのは引退時の終了損失がかさんで一口の所得金額が赤字の場合くらい、でしょうか。

以下、このページには確定申告書に転記される元となる数字がいろいろあがっています。
間違いがないか(わかる範囲で)確認しましょう。

確認が終われば、一番下にある「次へ」のボタンをクリック。(↓こんなアラートが出ます)

【ここも注意?】住民税の「自分で納付」もお忘れなく

この先は補足となる事項などを入力していきます。
とはいえ、サラリーマン、特に副業禁止の方にとってはこの画面も重要です。
「住民税・事業税に関する事項」のボタンをクリックして…、

次の画面の「1 給与・公的年金等以外の所得がある方の入力項目」の「自分で納付」のラジオボタンにチェック。

こうすることで、
・勤務先の給料にかかる住民税=勤務先の給料から天引き
・一口の所得にかかる住民税=送られてくる納付書で自分で納付

と、住民税の納付の方法を2つに分けることが可能になり、勤務先にも一口の所得の存在を隠すことができる…かも??

その他、16歳未満のお子さんがいる方は、「2 16歳未満の扶養親族がいる方の入力項目」の欄にその方の氏名・生年月日などを入力することもお忘れなく。

住所・氏名など、申告する人の情報を入力

その次の画面からは、申告する国英さん自身の情報を入力していきます。
画面の指示に従って、埋められるところはどんどん埋めていってください。

入力を進めていくと再度税額の強調(笑)と、納付方法の案内が出ます。
「ふーん、4つあんねんなー」ぐらいでここはOK。(詳しくは後述

還付の場合はここで還付を受ける口座の入力画面が出ますので、指示に従って口座を入力してください。

その先はマイナンバーの入力画面です。
入力したら右下の「申告書等作成終了 次へ」のボタンをクリック。

マイナンバーを入力せずに次に行こうとすると「入れろ!!」ってアラートが出ますが、キャンセルを押せばそのまま次に進めます(^^;

これで、申告書の入力が全て完了です!!!
次の画面↓で申告書を印刷すれば、申告書の作成が完了します!!

【ついに】申告書、完成!!

冒頭にお見せした確定申告書が見事に出来上がりました〜!

第二表にも一口の所得がしっかり転記されています。

ふー、疲れましたね(^^
 
…ここまで読んでくれている方は果たしてどれだけいるんでしょうか?

印刷後は第一表の氏名欄の右端に押印もお忘れなく!
(印鑑は認印でOKですが、シャチハタは控えた方が良いかと思います。)

申告書が完成したら、お次は提出&納付!

って、ここでホッとしててはダメですよー。
申告書を作って印刷して、これで終わり…ではもちろんなく、申告書を提出して税金を納めるまでが確定申告です。

以下、申告書の提出から税金の納付までの流れをざっとお伝えします。

添付書類を準備しよう

今回の国英さんの場合、確定申告書に添えて出さなければいけない書類は以下の2点です。

・給与の源泉徴収票(原本)
・マイナンバーの本人確認書類

源泉徴収票は原本が税務署に行っちゃいますので、源泉徴収票の控えを手元に置いておきたい、という方はコピーを取っておいた方がいいかもしれません。

あと、マイナンバーの本人確認書類としては、

・マイナンバーカード(プラスチックのやつ)
・マイナンバーの通知カード(紙のやつ)+写真付きの身分証明証(免許証など)
・マイナンバーが記載された住民票の写し+写真付きの身分証明証(免許証など)

のいずれかの組み合わせのコピーの添付が必要です。

印刷した申告書の中に貼り付け台紙が含まれていますので、その中の指定された場所に貼り付けてください。
(↓こんなフォーマットをしています)

実は、クラブが発行した一口の確定申告資料は提出が義務付けられている書類ではありません。
また、これに限らず、収入金額や必要経費の証拠書類の大半は税務署に提出する必要はありません。
(「出せ」と指定されているのは、上場株式の年間取引報告書ぐらいです。)

これらの書類は税務署から問い合わせがあった際にいつでも出せる状態で手元に保管しておけばOKです。
期間は今度の確定申告期限の翌日(3/16)から5年間(青色申告の分は7年間)。
ちょっと長いですが…。

いざ提出!

申告書も印刷したし、添付書類もちゃんと揃えた。
そうなれば、お次はそれを、住所地を管轄する税務署に出すだけです。
(どの税務署に出すかは申告書に印字されています。京都市左京区であれば左京税務署、など。)

紙で出す場合、税務署への提出方法は2つあります。
直接持参郵送です。

直接持参する場合

税務署の開庁時間(8:30〜17:00)内に受付窓口に提出しましょう。
開庁日は基本平日ですが、一部の税務署は2/18と2/25も開庁していますので、サラリーマンの方はこの日に持って行くのがベストでしょうか。
参考ページ【税務署の開庁時間】|国税庁

2/18と2/25の開庁場所は必ずしも税務署とは限らない点に注意が必要です。
たとえば、私の地元・京都府の場合、開庁は宇治税務署と京都府中小企業会館に設けられる「広域申告センター」の2箇所のみです。

その他、全国の地域別の開庁場所の確認は以下のリンク先をご覧ください。
平成30年2月18日及び2月25日の日曜日に確定申告の相談を行う税務署|お知らせ|国税庁(リンク切れ)

窓口に提出したら収受日付印を押した控えを返してくれます。
これで提出は完了です。

そして、そのまま別の窓口で税金の納付までやっちゃいましょう。
税務署に行く時間は取られますが、提出→納付までスムーズに行くのはおそらくこちらかと思われます。

郵送する場合

持参するのはめんどくさいという方は郵送でもOKです。
こちらの場合、注意点がいくつかあります。

【返信用封筒の同封を忘れずに!】
収受日付印を押した控えを返送してもらうために、切手を貼った(←ここ重要)返信用封筒を同封するするのを忘れないでください。

切手を貼ってない、とか、料金が足りない、なんて場合に、税務署側で負担してまで控えを返送してくれることはありません。
「えー?」って思うでしょうが、逆の立場(返送する側)で考えてみたら、まぁ納得かな、と…。

源泉徴収票の原本を税務署に提出するということは、申告以後は確定申告書が昨年の自身の所得を証明する公的な書類となるということ。
申告書の控えは確実に手元に残るようにしておきましょう。

【郵便または信書便で送る!】
確定申告書は信書にあたるので、郵便か信書便でしか送ることができません。
ゆうパックなど信書便以外の方法での送付は法律上厳禁ですし、期限ギリギリの場合、提出期限までに間に合わない、なんて事態も起こりかねません。
参考記事税金の申告書を郵送したらいつの提出扱いに?「通信日付印」が判断基準です

【納付は納付で別途確実に行う!】
以下のいずれかの方法で、確定申告期限までにしっかりと納付しましょう。

納付の方法は主に3つ

申告書を作っている最中にも↓このように画面で出ていましたが、税金を納付する方法は全部で4種類あります。

このうち、紙で申告書を出す方が現実的に採れる方法は以下の3つです。

【その1:振替納税】
銀行からの自動引き落としです。
自分で納付しに行く必要がなくなるのに加えて、納付のタイミングを1ヶ月遅らせることができるのがメリットです。
(今年の振替日は4/20(金))

これを受けるためには、「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」という書類を確定申告期限までに、税務署か引き落とし口座の金融機関窓口へ持参する必要があります。

記載例など、詳しくは以下の国税庁のHPをどうぞ。(下の方に依頼書の書式や記載例のファイルへのリンクが付いています。)
[手続名] 申告所得税及び復興特別所得税、消費税及び地方消費税(個人事業者)の振替納税手続による納付|国税庁

これを一度出せば、管轄の税務署外に引っ越さない限りは一生有効。
納付がない年があったとしても効力は途切れないので、
「頻繁に納付の年がある」という方は出しておいた方が便利かもしれません。

【その2:納付書を使って現金で納付】
「納付書」という専用の用紙を使って、金融機関で現金で納付します。
納付書は金融機関に置いてある場合が大半ですが、もし無ければ、税務署から取り寄せる必要があります。
って、それならもう申告書も直接出しに行った方が

また、税額が30万円以下の場合はコンビニで納付することも可能ですが、その場合も、コンビニ納付専用の納付書を税務署から取り寄せる必要があります。
申告書を郵送するときに
「コンビニ用の納付書も控えと一緒に入れて返してくれ」
と書いた紙を入れておけば、控えと一緒に送ってくれます。
(ただし、返送に時間がかかることが想定されるので、依頼するならお早めに!)

【その3:クレジットカードで納付】
去年からクレジットカードでの納付もできるようになりました。
専用サイトから画面上でパパッと納付が完了するのはメチャクチャ便利です。
関連記事国に対する税金がクレジットカードで払えます【2017年1月から】

この方法のデメリットは納付の金額に応じた手数料がかかることです。
今回の国英さんの場合は328円かかります。
約0.8〜0.9%ほどの率なので、ポイント還元率が低いカードの場合は手数料負担で赤字になります。
(ただ、正直それを上回るメリットはありますよね。)

繰り返しになりますが、税金を納めるまでが確定申告です(^^;
税金の納付を3/15までに完了させないと、滞納扱いでいらん利子がついちゃいますので気をつけて下さいね!

ちなみに、確定申告の受付期間は「2月16日から」というのが外向きの期間(?)ですが、それより前に出しても受け付け自体はちゃんとしてもらえます。
(+税金を納付しちゃってももちろんOK!)

なので、もし2/16よりも前に出せる準備が整ったのであれば、2/16を待たずに早目に出しちゃいましょう。

お疲れ様でした!

以上で確定申告もようやく完了です!

恐ろしく長い記事になってしまい、少し(だけ?)反省しています。
なんだか、自分で作る気が逆に失せるんじゃないか、って心配になってしまいますが(^^;

ただ、一度流れを掴んでしまえば案外時間はかからないです。
たとえ最初は時間がかかろうが、少なくとも、税務署に行って並んでぼーっと待たされるよりは意味のある時間の使い方のハズ…。

これは私が普段接している事業主の方にもよくお伝えしていることなんですが、
人に丸投げでは、その事に対する自身の理解はいつまで経っても進みません。

納税は憲法で定められた国民の三大義務の1つです。
せっかく他のサラリーマンにはない所得を得ているんですから、ついでに「確定申告」や「税金」というものに対する理解も深めてみませんか?
是非、自分で申告することにトライしてみてください!

びとう

個人的には、来年は確定申告書に一口の所得を書けるようにしたいですね〜。
ブルヴェルソン早く戻ってきておくれ!

当事務所のサービスメニュー

「個人の税金」専門の税理士が、確かな知識でわかりやすく、皆様をサポートいたします。
 
この記事は、投稿日現在の法律・状況などに基づいて書いています。
このサイトの閲覧・利用にあたっては、免責事項に合意されたものとして取り扱わせていただきますのでご了承ください。

京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」

相続税に強く、クラウド会計を促進する「個人の税金」専門の税理士事務所です。
個人で運営し、「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。

事務所概要
税理士プロフィール
当事務所の9つの特長
ブログ

仕事のご依頼・お問い合わせはこちら