【競馬の税金】馬券の払戻金にかかる税金の計算方法とは?

この記事は約 13 分で読めます。

馬券の税金はどう計算する?

今日、朝起きたら
「馬券の払戻金を脱税した人が起訴された」
というニュースが各マスコミを賑わせていました。

関係者によると、元課長は2012年と14年、日本中央競馬会(JRA)の馬券の一種「WIN5」で4億3000万円の払戻金を得たが、申告しなかった。
このうち課税対象の一時所得とみなされたのは約1億6300万円で、約6200万円を脱税した疑いがある。過少申告加算税を含めた追徴税額は約7200万円。既に修正申告し、一部を納付したとみられる。

元課長は競馬新聞などを参考に、JRAが指定する五つのレース全てで1着を当てると払戻金が得られるWIN5を的中させていた。14年10月には、WIN5で当時の最高額約2億3200万円の払戻金を受けた。

引用元:脱税:寝屋川市元課長 馬券的中4.3億円申告せず – 毎日新聞(記事の公開期限切れ)

記事によると、脱税していたのは某地方自治体の固定資産税課の元課長とか。
税金取る側の人が脱税っておい(ー ー;)

って、それは置いといて。
この記事のタイトルにもあるとおり、馬券の払戻金には所得税や住民税がかかりますので、もしそれを払わなければ脱税になります。
じゃあ、これらの税金がかかるとして、いったい馬券の払戻金がどんな計算で課税されるのかあなたはご存じでしょうか。

去年(2015年)には、競馬ファンには有名な「ハズレ馬券が経費になる」例の判決もありました。
でも、
「で、あの判決を受けて今は結局どうなってるの?」
と思っている方も多いのではないでしょうか。

馬が好きで一口馬主もやっている税理士であるワタクシが今日はその辺をしっかりと整理してみます。
7,000字オーバーとかなりの長文ですが、よろしくどうぞお付き合い下さい!

【前提】所得税や住民税はもうけの種類に応じて10個の所得区分を設けている

本題に入る前に、まず、所得税と住民税の計算のしくみをざっくりと解説します。

所得税(以下、住民税もこれに含めます)というのは、個人が1年間(1/1〜12/31まで)で稼いだ所得(=もうけ)に対してかかる税金です。

そして、所得税の大きな特徴は、
稼いだ所得(もうけ)の種類や性質に応じて10個の異なる計算方法(=「所得区分」と呼んでいます)を設けている点にあります。
どんな種類があるのかをカンタンな解説とともに挙げてみると、

  • 利子所得…預金の利子を貰ったことによるもうけ
  • 配当所得…株式などの配当金を受け取ったことによるもうけ
  • 不動産所得…不動産を貸し付けたことによるもうけ
  • 事業所得…事業を営んだことによるもうけ
  • 給与所得…給与や賞与を貰ったことによるもうけ
  • 退職所得…退職金を貰ったことによるもうけ
  • 山林所得…山林業を営んだことによるもうけ
  • 譲渡所得…事業以外で物を売ったことによるもうけ
  • 一時所得…突発的・偶発的に生じたもうけ
  • 雑所得…上の9つのどれにもあたらないもうけ

この10個です。
身近なのは「給与所得」「事業所得」「不動産所得」あたりですよね。

馬券の払戻金は「一時所得」で申告です【基本はコレ】

馬券の払戻金は基本的に、上の10個のうち下から2つ目の「一時所得」という区分で課税されます。

これには根拠(みたいなもの)ももちろんありまして、
「所得税基本通達34-1」という、国税庁が
「一時所得として課税するのには例えばこんなんがありますよー」
と公表している文章に↓こう書かれています。

次に掲げるようなものに係る所得は、一時所得に該当する。
(2) 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等
(以下略)

引用元:法第34条《一時所得》関係|国税庁

というように、バッチリと「馬券の払戻金は一時所得」と書いてありますので、基本的に馬券の払戻金は「一時所得」として課税がされます。

「一時所得」というのは、上でも紹介したように、単発で発生して、しかも偶然性が強いもうけが入る所得区分です。
馬券の払戻金って確かにそんな類のもうけですよね。

一時所得の計算方法は?

「じゃあその一時所得ってどうやって出すの?」といいますと、算式はこうです。

【一時所得の計算式】
総収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除(50万円)

※この金額の1/2に対して税率がかかります。

って、文章だけだと全然ピンときませんよね(^^;

いくらが課税の対象になる?(50万円が控除対象+金額が1/2になるのが特徴!)

こういう時は実際の数字に当てはめてみるに限ります。

↓こちらは私の一口出資馬・ブルヴェルソンが初勝利を挙げたときに買っていた当たり馬券です。
当たり馬券

「金額がショボい」というツッコミは無しの方向で(^^;

1番人気だったので実際の払戻金は超絶安かったんですが、
もし奥に写っている馬券(3連単の1着流し・合計点数20点@100円)で100万円の払戻金をゲットした場合、いくらの金額に税金がかかるのかというと。

【20点買い@100円(購入金額2,000円)で100万円の払戻金をゲットした場合の課税対象額】

(1) 総収入金額
1,000,000円

(2) その収入を得るために支出した金額
100円

(3) 特別控除
500,000円

(4) (1)-(2)-(3)=499,900円

(5) (4)×1/2=249,950円(←これに所得税の税率がかかる)

もし払戻金が1,000万円だった場合は↓こうなります。

【20点買い@100円(購入金額2,000円)で1,000万円の払戻金をゲットした場合の課税対象額】

(1) 総収入金額
10,000,000円

(2) その収入を得るために支出した金額
100円

(3) 特別控除
500,000円

(4) (1)-(2)-(3)=9,499,900円

(5) (4)×1/2=4,749,950円(←これに所得税の税率がかかる)

配当金が100万円ならそのうちの約25%である249,950円
配当金が1,000万円ならそのうちの約半分である4,749,950円に対して税金がかかる
ことになります。

あれ?100万円や1,000万円の全額にかかるんちゃうんやね。

そうなんですよ。
一時所得は他のもうけよりも有利な計算ができまして、

  • 50万円が特別控除として引ける=もうけが50万円を超えないと課税されない
  • 税率をかける前に金額が1/2になる

という特徴があります。

これは、
「偶然ドカンと手に入れたもうけにまでがっつり課税するのはさすがにかわいそう」
と国が配慮してくれていることの現れでもあります。

いくら税率がかかるかはもうけの金額の大小で変わります

ちなみに、上で求めた249,950円や4,749,950円にいくらの税金がかかるのか(いくらの税率をかけるのか)は各個人の「もうけの総額」で異なります。

「もうけの総額」は、

  • サラリーマンの方なら給与所得
  • 個人事業主の方なら事業所得
  • 地主や家主の方なら不動産所得

など、他のもうけと合算して考えます。

その上で、かかる税率は、

  • 所得税=最低5%〜最高は45%まで、もうけの総額に応じて変動
  • 住民税=一律10%

と決まっています。

所得税の税率の詳細は以下の国税庁のページをご覧ください。
No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

馬券のもうけに対する課税対象額が249,950円だとすると、ざっくりですが、

  • 給与の年収が500万円のサラリーマンの場合=所得税約10%+住民税10%の合計約20%
  • 給与の年収が1,000万円のサラリーマンの場合=所得税約20%+住民税10%の合計約30%

の税率が馬券のもうけに対してかかります。
給与の年収が500万円(税率が20%)の場合だと、

249,000円×20%=49,800円

というように、100万円のうち約5万円を税金として払わなきゃいけなくなる、ということですね。
(本当にざっくり計算です)

びとう

所得税の税率はもうけの金額が大きくなるほど上がりますので、馬券の払戻金が1,000万円(=課税対象額が500万円弱)の場合は上の金額よりも税額は増えることになります。
具体的に税額がいくらになるかは、他のもうけ(給与所得や事業所得など)の金額にも左右されるので、一概には言えません。

一時所得計算上の2つの注意点

以下、馬券の払戻金を一時所得として計算する上で特に間違いやすい点を2つ紹介しておきます。

その1:経費にできるのは「その収入を得るために」支出した金額だけです

馬券の払戻金を一時所得として計算する中で注意なのが、
経費として引けるのはあくまでもその収入を得るために直接支出した金額だ、ということです。

上の例で言えば、100万円や1,000万円の払戻金を得るために投じた購入金額は2,000円。
それでも、一時所得の計算の中で「支出した金額」として引けるのは払戻金に直接対応する1点の購入費用(100円)だけ
となります。

所得税法では、一時所得の「その収入を得るために支出した金額」について、
「その収入を生じた行為をするため、又はその収入を生じた原因の発生に伴い直接要した金額に限る。」
と決められていて、上の考えはこの決まりに基づいています。

我々の感覚では「20点買ったからこそ当たったんやん!」て感じですよね(^^;
でも、税法の計算ではそんな感覚は通用しません。
引けるのはあくまでも「収入に直接対応する金額」だけであり、それはこの例では2,000円ではなくたったの100円です。

馬券の払戻金が一時所得になる最大の問題点はここですね。
後述する例の「ハズレ馬券が経費」裁判も、これがために争われたと言っても過言じゃありませんでした。

その2:「ドカンと当たった場合」を想定。年間収支は関係なし!

あと、私自身がよく受ける質問として、

税金の申告が必要なのって、馬券の年間収支がプラスになったときだけですよね?

 
というのがあるんですが、これは正しくないです。

たとえ年間収支がマイナスでも、ドカンと当たって高額配当をゲットしたのであれば、その払戻金だけを対象として一時所得の申告が必要です。

冒頭で紹介したように、一時所得は「突発的・偶発的に生じたもうけ」を対象としていて、我々競馬ファンが娯楽として買った馬券で得たもうけはまさにこんな種類のもうけです。
そして、一時所得に該当する場合、すぐ上にも書いたように、ハズレ馬券は経費として考えません。

つまり、我々の感覚の「馬券の年間収支」と税金計算上の年間収支は全く違うんです。
(我々の感覚以上に圧倒的にもうけが出てしまっている、ということ。)

本当ならば、当たった馬券だけを拾い出して年間収支を計算して、それが50万円を超えるのならみんな税金の申告が必要なんですが、
国もそこまでは追いきれない(+追いかけるつもりも多分無い)ので、せめてドカンと当たったときだけでもちゃんと申告しましょうね、ということです。

競馬のイメージ画像

「雑所得」になる可能性もありますが…

実は、去年(2015年)の5月までは上の流れだけで終わりでした。
つまり、「馬券の払戻金は一時所得!」しか可能性は無かったんです。

ただ、現在はもう1つの所得区分に入る可能性もあります。

先ほど国税庁のホームページから引用した通達には、去年の5月に追加された「続きの文章」があります。
足された続きの文章(太文字にしてます)も含めて再度引用し直すと、

次に掲げるようなものに係る所得は、一時所得に該当する。
(2) 競馬の馬券の払戻金、競輪の車券の払戻金等(営利を目的とする継続的行為から生じたものを除く。)
(注)
1 馬券を自動的に購入するソフトウエアを使用して独自の条件設定と計算式に基づいてインターネットを介して長期間にわたり多数回かつ頻繁に個々の馬券の的中に着目しない網羅的な購入をして当たり馬券の払戻金を得ることにより多額の利益を恒常的に上げ、一連の馬券の購入が一体の経済活動の実態を有することが客観的に明らかである場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、営利を目的とする継続的行為から生じた所得として雑所得に該当する。
2 上記(注)1以外の場合の競馬の馬券の払戻金に係る所得は、一時所得に該当することに留意する。

引用元:法第34条《一時所得》関係|国税庁

いきなりグチャグチャとわかりにくい文章が増えましたが(^^;

マーカーで強調している部分に「営利を目的とする継続的行為」という言葉があります。
もし、馬券の払戻金が「営利=お金儲け」を目的とした「継続的行為=反復、継続性を持って行われたもの」から得たものであれば、そのもうけは雑所得として課税がされることになりました。

一時所得と何が違う?

雑所得というのは、副業から生じたもうけなどが入る所得区分です。
一時所得と根本的に違う点は、

・一時所得=突発的に、偶然手にいれたもうけ
・雑所得=生業(なりわい)というほどのものではないが、継続して発生するもうけ

という点です。
事業というほどの規模ではないけど「反復、継続性がある」のであれば雑所得となります。

また、雑所得に該当すれば、

  • 外れ馬券の購入も収入を得るための一連の支出とみなされる
    結果的に、外れ馬券も必要経費として引くことができる

というのが一時所得の計算とは大きく違うところです。
もしこれに当てはまったら外れ馬券も経費にできるし、こちら側としてはオイシイところではあるんですが…。

一般の競馬ファンが雑所得に当てはまる可能性はゼロです

残念なことに、雑所得はあくまでも、上の引用した通達の太文字に当てはまる場合、つまり、一般の競馬ファンの枠を超えて機械的かつ網羅的に馬券を買っていてはじめて該当することができる区分、という扱いになっています。

つまり、これをくぐり抜けて雑所得になる人はごくごく限られますし、普通の馬券の買い方をしている我々は100%一時所得しかありえません。

なので、この記事では雑所得の計算方法の解説は省略します(^^

関連記事

雑所得と一時所得の分かれ目については以下の別記事で解説しています。
「競馬の馬券の払戻金は一時所得か雑所得か」国の基準に裁判所が喝!

競馬のイメージ画像

【私見】改善点は2つある

などなど。
ここまで、馬券の払戻金の課税の方法を見てきましたが、払戻金に対する課税について、私自身、現状の課題は2つあると感じています。

その1:「支出した金額」の範囲を広げることはできないのか

1つ目は一時所得として計算する際の「『支出した金額』の解釈を変えましょうよ」という話です。

上で紹介した「馬券の払戻金は一時所得ですよ」と言っている通達は、馬券の種類が「単勝」「複勝」「枠連」の3種類しか無かった時代からずっと続いているものです。
その当時とは違い、今は3連単やWIN5のような、ある程度点数を張らないと当たらない券種も増えてきています。

いわば時代遅れとも言えるわけですが、
でも、だからといって「払戻金は全部一時所得、という考え方を変えろ」という論調はズレていると思います。

我々一般の競馬ファンが支払いを受ける払戻金は偶然性が強く、継続性が一切無いのは明らかですし、その点からも、一時所得という区分は動かせない(動かす必要が無い)でしょう。

ただ、一時所得のままでいくとしても、「収入を得るために支出した金額」の概念は変えてもいいのではないでしょうか。

「ボックスやフォーメーション買いをして得た馬券の払戻金については、買った点数全てを『支出した金額』として差し支えない。」
みたいな通達がもし出てくれれば、競馬ファンの気持ちにより即した課税が実現する気がします(^^

その2:そもそも税金かけなきゃいいんじゃないの?

また、「そもそも馬券の払戻金って非課税にできないの?」という点もあります。

宝くじの当せん金が所得税の非課税所得に指定されているのは有名な話ですよね。
宝くじの当せん金が非課税で馬券の払戻金がなぜ課税?って、普通は思うかもしれません。

ただ、宝くじの当せん金が非課税なのは控除率が50%あるのが大きいでしょう。
中央競馬(JRA)の控除率は現在は20%〜30%。宝くじの約半分でしかありません。

もし、競馬の控除率も50%ぐらいに引き上げられるのであれば国も「所得税は非課税にしてもええよ」と言ってくれるかもしれませんが、そうすれば払戻金が大きく減る=馬券の売り上げもきっと減るのでJRAとしては嫌でしょうね。
てか、馬券でそんなに儲かる心配が無い私的にもそんなのは絶対に嫌です(笑

巷では「馬券の払戻金も非課税にしろ」という声をよく聞きますが、現状の控除率のままでそれを実現させるのは正直厳しい気がします。
身を切る必要が出てくるでしょうし、我々競馬ファンがそれを良しとするかです。

競馬のイメージ画像

まとめ ドカンと当たったら必ず申告しましょう

以上、長々と書いてしまいました。
ここまで読んで頂いた皆さん、ありがとうございますm(_ _)m

去年改正こそ入りましたが、それが適用される方はごくごく稀で、我々競馬ファンが普通に払い戻しを受ける馬券の払戻金は基本は一時所得として課税がされます。
50万円の控除があったり1/2してくれたりというのはありますが、「馬券に税金がかかる」という事実は動きませんので、もしWIN5などで高額の払戻金をゲットしたら正直に申告しましょうね。

てか、その前にまずは馬券を当てないとですが(^^;

この記事の関連記事

お困りの方へ:お気軽にご相談ください!
弊事務所では、所得税や確定申告に関するご相談をお受けしています。
クラウド会計に特化した所得税に強い税理士が、確かな知識でわかりやすく皆様をサポートします。

AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校「相続税法」講師。相続税に強く、クラウド会計に特化した税理士として活動中。
「専門用語をなるべく省いたわかりやすい説明」と「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
この記事は、投稿日現在の法律・状況などに基づいて書いています。
このサイトの閲覧・利用にあたっては、免責事項に合意されたものとして取り扱わせていただきますのでご了承ください。