地番から住所や土地がある場所を調べる方法

地番から土地の場所や住所を知るには?

AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区で開業している税理士です。元税理士試験受験予備校「相続税法」講師。相続税に強く、クラウド会計に特化した税理士として活動中。
代表税理士1人で運営し、「税理士が直接お客様に全てのサービスを提供すること」を大切にしています。
詳しいプロフィールどんな人間かがわかるかも?な個人ブログはこちら

不動産の登記や固定資産税・相続税などの税金の計算で目にする土地の「地番」。
コレ、住所とは全く異なるモノです。

・地番=登記されている土地について1筆ごとに振られた番号。(法務局が付ける)
・住所=建物が建っている土地について振られた番号。(市町村が付ける)

言い回しは微妙ですが、↑上のような違いがあります(^^;

そして、京都府下の大半の自治体のように、地番と住所が同じ土地もあれば、
大阪や滋賀、兵庫や奈良など、1つの土地なのに地番と住所が全く違う(町名までは同じでも、その先の番号が違う)地域もあります。

そうした場合、とある地番の土地がどこにあるのか知りたくて地図で地番を検索しても、
「どこにも出てくれないなぁ〜。」
という状況に。

また、たとえ地番と住所が一致している地域であっても、建物が建っていないので住所が振られていない土地については、同じくいくら地番を検索しても詳しい場所まではわかりません。

この記事では、このような、
「この地番の土地ってどこにあるんやろ?」
というときに土地が所在する場所や住所を調べる方法
を紹介します。

流れとしては↓こんな感じになります。

  1. まずは土地がある場所を調べる(方法は2つ)
  2. 調べてわかった土地の場所から住所を照合する

1:まずは土地がある場所を調べる

まず、これから挙げる2つのいずれかの方法を使って、土地がある場所を調べます。

方法その1:ブルーマップを見る

1つ目は、ゼンリンが発行するブルーマップを見る方法です。

ブルーマップというのは住宅地図ですが、ただの住宅地図とは少し違って、

特長
・住宅地図の上に、公図に基づく公図界、公図番号、地番をブルーで記入。
・都市計画用途地域名、用途地域界、容積率、建ぺい率(一部の地区は日影規制・高度規制)も併記。

引用元:ブルーマップ | 株式会社ゼンリン

というように、地図の上に青字で地番などの情報を追加で載せてくれています。
(「ブルーマップ」と呼ぶのはそんな理由からです。)

つまり、ブルーマップを見ればその地番が振られている土地の場所を地図として把握することができる、というわけです。

買うのは厳しいけど閲覧も可能です

ただ、とは言っても、ブルーマップは非常に高価で(大阪市北区で28,000円+税)、「この地番の土地の場所を知りたい!」という目的だけで自分で買って見よう!というのは現実的ではありません。

なので、通常はブルーマップが置いてある以下の場所に行って閲覧することになります。

  • その土地の所在地域を管轄する法務局
  • 国立国会図書館 東京本館
    (全国のブルーマップが閲覧可能。関西館には置いていないので注意)
  • インターネット
    (いろいろあるようですが、どこも私自身使ったことがないので具体的なサイトは省略)

東京エリア以外だと、地元の法務局かインターネットで見るのが現実的な方法ですね。

ただし、ブルーマップは日本中の全ての地域について発行されているわけではありません。
あと、あくまでも地図にちょろっと番号が載っているだけなので、
「この地番の1筆の土地はどんな形状をしてどこまでの範囲を占めているのか」
といった情報がイマイチわからないのも欠点です。

というわけで、環境が許すのであれば、私的にオススメなのは次の方法です。
(私はいつもこれで調べています。)

方法その2:地元自治体が管理している地番図を見せてもらう

2つ目は、各市町村が固定資産税を課税するために管理している地番図(地番参考図)を閲覧する方法です。

土地を持っている人に毎年かかってくる税金・固定資産税は、土地については地番単位で課税されます。
なので、固定資産税を課税する各市町村(23区内の場合は都)はそれぞれ、固定資産税を課税する目的で独自の地番図を作成し、管理しています。

↓これは某自治体の固定資産税地番図のコピーです。
このように、各地番の位置や形状が細かく記載されています。
固定資産税地番図

これを地図と照らし合わせることで、
・その地番の土地がどこにあるのか
さらには、
・どのような形状をしているのか
についても(目安として)把握することが可能です。

インターネットor役所に行くことで閲覧可能です

この地番図は我々もいつでも閲覧することができます。
わが居住地・京都市はインターネットで地番図を公開してくれていますし。
(ただ、最近(2017年10月)リニューアルされてからとても探しづらくなっちゃいました…。)

関連記事

京都市は地番図以外にも指定道路図や都市計画図などがネットで閲覧できるので便利です。
京都市の「指定道路図提供システム」が便利!土地の相続税評価にも使えます

インターネットで地番図を公開していない自治体についても、市役所などの固定資産税課(名前は各自治体によって異なります)に直接行って
「この場所の地番図のコピーをください」
と言えば、プリントアウトした地番図を頂けます。
(コピー代として1枚10円前後の料金がかかる自治体が大半です。)

上の写真の地番図もそうして某自治体の市役所で頂いてきました。
役所の担当の方とパソコンの画面を見ながら
「あ、ここ!この辺の図のコピーをください!」
とか言いながら(^^;

市役所と言えばお役所仕事で無愛想なイメージがありますが、これまで訪問したどの自治体さんも意外と親切に対応して頂けています。

場所が知りたい土地の自治体の役所が足を運べる距離にある場合は(上で「環境が許す」と書いたのはそういう意味です)、自治体の地番図を是非利用してみてください!

【ちなみに】
自治体によっては、電話で土地がある場所を教えてくれるところもあるとか!?
(※知り合いの司法書士の情報です。私は試したことはありません。)

2:調べてわかった土地の場所から住所を照合する

上のいずれかの方法で土地の場所さえつかめれば、あとは住所も簡単にわかります。

↓以下のような、地図から住所を照合できるサイトがありますので、こういったところを使えばOK。
地図から住所検索 | いつもNAVI ラボ

↓このように、私の事務所の所在地の住所もちゃんと正確に表示されます(^^
「いつもNAVI ラボ」で当事務所周辺を表示

住所はもちろん、郵便番号や標高(?)までわかるのは便利ですよね。

まとめ

以上、この記事では地番から土地が所在する場所や住所を調べる方法を紹介してきました!
住所を知るまでの流れをもう一度まとめます。

  1. まずは土地がある場所を調べる(方法は以下の2つ)
    ・ブルーマップを見る
    ・地元自治体が管理している地番図を見せてもらう
  2. 調べてわかった土地の場所から住所を照合する

税理士として相続税の申告業務をしているときも、地番はわかるけど土地の場所が…ということはよくあります。
そんなとき、私はいつも上の手順を踏んで、土地の場所や住所を割り出しています。
そして、その結果から路線価図倍率表を見る、と(^^

「地番から土地の場所が知りたい!」というあなたのお役に立てれば幸いです!

この記事の関連記事

ご案内

相続税・贈与税についてまとめたページを作りました
この記事以外にも、基本的な内容からマニアックな話まで、全記事の一覧は↓こちらをクリック!

運営元:京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」
当事務所では、相続税に関するご相談や申告のご依頼をお受けしています。
「相続税に強い」税理士が、確かな知識でわかりやすく皆様をサポートします。
この記事は、投稿日現在の法律・状況などに基づいて書いています。
このサイトの閲覧・利用にあたっては、免責事項に合意されたものとして取り扱わせていただきますのでご了承ください。