「路線価方式」とは?

相続税の路線価方式とは?計算方法のポイントをわかりやすく解説します

建物の敷地として使われている土地のことを「宅地」と呼びます。
↓弊事務所が入居しているマンションの敷地もそんな「宅地」の一種です。
マンションの敷地も「宅地」の一種です

この宅地が亡くなった人の遺産の中にあって、それにかかる相続税を計算する必要があるときは、
その宅地の相続税計算上の価値を求める(=「評価する」と言います)必要があります。

そして、そのための方法には、

  • 路線価方式
  • 倍率方式

の2つがあります。

この記事では、これら2つの方法のうち、「路線価方式」について、どんな方法なのかなどを詳しく解説していきます!

ここで紹介する計算方法は贈与税の計算(生きている人から土地をもらった場合)でも採用されています。
以下、「相続税」は「贈与税」、「相続」は「贈与」に置き換えてご覧ください。
この記事の運営元:京都市左京区の尾藤武英税理士事務所
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師が運営する税理士事務所です。
わかりやすいアドバイスで皆様をサポートいたします。

市街化区域の中にある宅地の評価で用いる方法です

「路線価方式」というのは、主に市街化区域内(≒市街地の中)にある宅地を評価する際に使っていく方法です。

市街化調整区域など市街化区域の外にある宅地については、もう1つの方法である「倍率方式」で計算します。

計算方法は?

では、路線価方式で計算する場合、どんなやり方をしていくんでしょう?
算式にすると↓こうなります。

【路線価方式の算式】
宅地が接している道路の路線価×宅地の形状などに応じた補正率×地積

評価しようとしている宅地が接している道路に付いている路線価(1㎡あたり)に、宅地の状況に応じた補正率をかけて、最後に宅地の面積をかけます。

具体的にはどう計算する?

たとえば、路線価340,000円の道路に接している200㎡の宅地がある場合、

【具体例】
340,000円(路線価)×200㎡(地積)=68,000,000円

これが、路線価方式の基本的なやり方です!

どうですか?
「意外とカンタンやな〜!」と思われたでしょうか??
実は、ここからがややこしいんです…。

「補正率」を漏らさずにかけられるかが路線価方式のキモ

上の算式だけで終わったら確かにカンタンなんですけど、上の算式はあくまでも基本のパターン。
実際はもっと複雑な算式を組む必要が出てきます。

というのも。
国税庁が公表している路線価って、↓こーんな感じの

きれいな正方形で、道路に対して垂直に接している宅地を評価しようとする場合に使う数字なんです。

でも、実際↑こんなきれいな形をしている宅地はまず無いですし、
それらの宅地は正方形の宅地に比べたら使い勝手が劣るので、評価上もそれを反映させるべく、
実際に算式を組む場合には、その宅地が置かれた以下のような状況に合わせて、路線価に様々な調整を加えていきます。

  • 宅地の奥行きの距離は長すぎたり短すぎたりしないか
  • 宅地が路線価の付いている道路に2つ以上接していないか
  • 宅地の間口の距離は狭くないか、間口に対して奥行きの距離は長すぎないか
  • 宅地がいびつな形をしていないか
  • 宅地が「地積規模の大きな宅地」に該当しないか
  • 宅地が道路と直に接しているか(道路から離れた場所にないか)
  • 宅地の中にがけになっている部分はないか
  • 宅地の中に指定容積率が異なる部分はないか
  • 宅地の中にセットバックが必要な部分はないか
  • 宅地の中に都市計画道路の予定地が含まれていないか

などなど。
※リンク先はこのサイト内の関連記事です。

冒頭で紹介した路線価方式の算式をもう一度持ってくると、

【路線価方式の算式】
宅地が接している道路の路線価×宅地の形状などに応じた補正率×地積

とあります。
今言っているのはこの算式の中の「宅地の形状などに応じた補正率」という部分です。
それぞれの状況に応じて、以下の国税庁のページに挙がっているような補正率などをかけて、宅地の評価額を調整していきます。
奥行価格補正率表(昭45直資3-13・平3課評2-4外・平18課評2-27外改正) |国税庁

これらの調整を抜け目なく加えられるかどうかが路線価方式の評価の肝です。
ここは税理士であっても抜けが生じやすいので、
税理士としてのスキルの差が如実に現れる部分でもあります。

路線価はその年分の数字が毎年7月に公表されます

ちなみに、路線価は国税庁から毎年7月1日にその年分の数字が公開されています。
宅地を持っていた人が亡くなったのが平成30年の場合、平成30年分の数字を使って計算します。

直近7年間の路線価は以下のサイトで確認することができます。
財産評価基準書|国税庁

↓このように、地図の形式で各地点の路線価がまとめられています。(弊事務所周辺の路線価図です)
弊事務所周辺の路線価図

自分が知りたい場所の路線価の探し方は「相続税路線価の調べ方ガイド」という記事で解説しています。

関連記事

今日(平成30年7月2日)、国税庁のホームページで、路線価図をはじめとする平成30年分の「財産評価基準書」が公開されました。この記事では、今日公開された↑上のページから、自分が知りたい場所の路線価を調べる方法を解説していきます。[…]

相続税路線価を調べるには?

路線価の見方は?(詳しくは別記事にて)

上の路線価図のうち、事務所周辺をさらにフォーカスしてみます(^^;
縦方向や横方向に走っている道路に付いている「330D」とか「340D」とかいう符号の「330」「340」という部分がその路線(道路)に付いている路線価です。
アタマの数字が路線価

千円単位で表示されているので、「330」なら330,000円、「340」なら340,000円が路線価だということになります。

これら路線価以外にも、この路線価図からは、

  • 宅地を貸し借りしている際の計算で使う「借地権割合」
  • 土地がどんな場所にあるかを示す「地区区分」

といった情報も読み取ることができます。
どれも、上で紹介した路線価方式で計算するには欠かせない情報ばかりです。

路線価図の詳しい見方は「相続税路線価図の見方完全ガイド」という記事で解説しています。

関連記事

亡くなった人の遺産の中に市街地にある土地が含まれている場合、その土地は「路線価方式」というやり方で相続税計算上の価値(=相続税評価額)を求めます。このサイトでは、「相続税の路線価方式とは?計算方法のポイントをわかりやすく解説します」[…]

路線価方式のまとめ

以上、ここまで、宅地の評価方法の1つである「路線価方式」について、計算方法の概要を詳しく解説してきました。

ここまでで紹介したように、路線価方式で評価する場合には、

  • 計算する年分(亡くなった年分)
  • 宅地がある場所
  • その場所の地区区分
  • 宅地の形状などから、調整計算できる余地がないか

などなど、いろんな情報を集める必要があります。

ふきだし

単純に路線価に面積かけりゃ済むわけじゃないのね。奥が深いな〜。

というのが掴んでいただければ幸いです(^^

【相続税・贈与税のまとめページのご案内】
当サイトで相続税・贈与税について解説している全記事をテーマ別にまとめました。
「相続税・贈与税の解説記事のまとめ」ページを見る
おすすめ記事

「相続税や贈与税ってどんな税金?」そんな疑問を解消するべく、当サイトで相続税や贈与税について解説している記事をテーマ別に一覧でまとめました。一般の方向けの内容から税理士向けのマニアックな話までいろいろありますが、一般の方はま[…]

相続税・贈与税 解説記事の全記事一覧
相続でお困りの方へ:お気軽にご相談ください!【全国対応可能です】
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所では、相続税に関するご相談や申告のご依頼をお受けしています。
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師である税理士が、わかりやすいアドバイスで皆様をサポートします。
 尾藤武英税理士事務所ホームページはこちら
この記事は、京都の税理士・尾藤武英が税金に関する話をできるだけわかりやすくお伝えする目的で公開しています。
記事の無断転載はくれぐれもご遠慮ください。
また、お気付きの点などがありましたらお問い合わせフォームよりお知らせください。
>お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

弊所へのご依頼に関する面談は無料にて承っております。
お問い合わせはメールフォームまたはお電話にてお受けいたします。

CTR IMG