【令和3年分路線価発表】京都の商業地の路線価は久々に下落へ

令和3年7月1日(木)、相続税や贈与税の計算で用いる令和3年(2021年)分の路線価が国税庁の財産評価基準書のページで公開されました。

全国約32万地点の標準宅地は全国平均で前年に比べ0.5%下落した。
新型コロナウイルスの影響で観光地や繁華街などがマイナスに転じ、6年ぶりに前年を下回った。

引用元:新型コロナ/ 路線価6年ぶり下落 21年分0.5%、観光地・繁華街で顕著/ 日本経済新聞

との全国の傾向そのままに、京都の商業地の路線価も久々に前年を下回ることとなりました。

この記事では、私が事務所を置く京都の主要3地点の路線価の傾向を、
過去5年分の路線価の推移とあわせて見てみることにします。

びとう
びとう
【この記事は私が書きました】
税理士・尾藤 武英(びとう たけひで)
京都市左京区で開業している税理士です。
過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。
事務所開業以来、相続税や贈与税の申告、相続税対策など、相続税に関する業務を多数行っています。
運営者情報(詳しいプロフィール)を見る

 

令和3年分路線価発表!京都の主要な地点の路線価の傾向は?

京都市下京区四条通寺町東入2丁目御旅町

まず紹介するのは、京都府下で39年連続(!)路線価1位の京都市下京区四条通寺町東入2丁目御旅町
京都で一番の商業地・四条河原町の交差点の北西角。某銀行がある建物の前の道路です。
京都市下京区四条通寺町東入2丁目御旅町

こちらの路線価は1平方メートルあたり653万円でした。
過去5年の路線価の推移をまとめると↓こうなります。
(スマホの方は右にスクロールさせて見てください)

H29H30H31/R1R2R3
路線価3,920,000円4,750,000円5,700,000円6,730,000円6,530,000円
前年からの変動率+20.7%+21.2%+20.0%+18.1%▲2.9%

毎年20%前後の上昇を続けてきましたが、今年は一転して2.9%の下落となりました。

京都市東山区祇園町北側

コロナの影響という点では、こちらも大きいです。
このサイトの別記事で定点観測を続けている京都市東山区祇園町北側
八坂神社の目の前、観光客で賑わう四条通りの北側という、いかにもインバウンド景気に沸いていたであろう場所です。
京都市東山区祇園町北側

こちらの路線価は1平方メートルあたり256万円です。
過去5年の推移を見てみると…。

H29H30H31/R1R2R3
路線価1,240,000円1,560,000円2,240,000円2,800,000円2,560,000円
前年からの変動率+29.2%+25.9%+43.6%+25.0%▲8.5%

四条河原町以上の猛烈な勢い(5年間で約3倍…)で上昇を続けてきましたが、こちらも一転して下落に。
8.5%と、下落幅も大きいです。

京都府の発表によると、京都府下の商業地全体の地価の平均変動率は前年比1.8%の下落とのことで、
これが路線価にも影響しているのが見て取れます。

京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町

このように商業地は下落が目立ちますが、では住宅地はどうなのでしょうか?
というわけで、次に見ていくのは京都府下の住宅地で6年連続路線価1位の京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町(かげゆこうじちょう)です。
京都市上京区室町通下立売上る勘解由小路町

こちらの路線価は1平方メートルあたり51万円でした。
過去5年の推移はこうなります。

H29H30H31/R1R2R3
路線価390,000円430,000円470,000円500,000円510,000円
前年からの変動率+8.3%+10.2%+9.3%+6.3%+2.0%

元々商業地のような派手な動きは見せていませんでしたが、コロナ禍でも微増(+10万円、2.0%)をキープしています。

ただ、京都府の発表によると、京都府内の住宅地の地価は

  • 京都市中心5区(上、中、下、北、左)で横ばい(変動率0.0%)
  • 京都市全体で0.4%の下落
  • 京都府全体で0.6%の下落

という推移だそうです。
令和2年が微増(京都府全体で0.7%上昇)だったので、こちらもコロナの影響が若干見て取れる感じでしょうか。

路線価は財産評価基準書から全国どこでも閲覧できます【詳しくは別記事にて】

ここまで京都市内3つの地点の路線価の推移を見てきましたが、
このように、路線価は財産評価基準書という国税庁のページから全国どこでも好きな場所を見ることができます。

びとう
びとう
ご自身のご自宅はもちろん、
「自分が好きなあの場所(球場とかホールとか)の路線価はいくらなんやろ?」
なんて楽しみ方(?)もできますよ。

 
路線価図の調べ方(探し方)は「路線価の調べ方ガイド【図でわかりやすく解説】」という記事で詳しく解説していますので、「自分で探してみたいな」という方は参考になさってください。

関連記事

相続税や贈与税を計算する上で、都市部にある土地の相続税評価額(=税金計算上の価値)を求めるために使う相続税路線価(以下「路線価」)。この路線価は国税庁の財産評価基準書というサイトで公開されています。この記事では、その財産評価基準[…]

相続税路線価図の調べ方ガイド

また、路線価図の見方についても「路線価図の見方とは?数字や記号の意味を詳しく解説」という記事で詳しく解説しています。

関連記事

「路線価方式」で土地の相続税や贈与税を計算するときは必ず見ることとなる路線価図。↓こんな見た目をしています。(私の事務所周辺の路線価図です)この記事では、この路線価図の見方(路線価図から何がわかるのか)を画像を使ってわかりや[…]

路線価図の見方ガイド【数字や記号の意味を詳しく解説】

以上、この記事では、私が事務所を置く京都の主要3地点の路線価の傾向を、
過去5年分の路線価の推移とあわせて確認しました!

関西圏全体の路線価の最高価格は以下の大阪国税局のページで紹介されています。
令和3年分の大阪国税局各税務署管内の最高路線価|国税庁

【関連記事】

弊所は相続税・贈与税を専門とする京都の税理士事務所です。
代表税理士がすべての業務を直接担当。わかりやすいアドバイスでお困りごとの解決に努めます。

この記事を書いた人

税理士 尾藤武英
税理士 尾藤 武英(びとう たけひで)
京都市左京区下鴨で開業している税理士です。
過去に税理士試験の予備校で相続税を教えていた経験から、相続税が専門分野。
事務所開業以来、相続税や贈与税の申告、相続税対策など、相続税に関する業務を多数行っています。
詳しいプロフィール(運営者情報)を見る
税理士としての日常を綴るブログ
趣味や好きなことを語る個人ブログも運営中です