住所から地番を知るには?

住所から地番を調べる方法【電話・ネット・役所など】

不動産の登記や登記簿謄本の請求を法務局で行う場合、土地の「地番」というものが必要です。
この地番がわからない場合、いったいどうやって調べればいいのでしょうか?

このサイトの相続税関連の記事の中で意外と読んでいただいているものが1つあります。
それは、地番から住所(住居表示)の調べ方を紹介している「地番から住所や土地がある場所を調べる方法」という記事です。

関連記事

不動産の登記や固定資産税・相続税などの税金の計算で目にする土地の「地番」。コレ、住所とは全く異なるモノです。地番=登記されている土地について1筆ごとに振られた番号。(法務局が付ける)住所(住居表示)=建物が建[…]

地番から土地の場所や住所を知るには?

これに味をしめたわけじゃないですが(って、完全にしめてるやん)、この記事では
「じゃあその逆バージョン(住所から地番を調べる)にはどんな方法があるの?」
という点についてまとめてみました。

この記事の運営元:京都市左京区の尾藤武英税理士事務所
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師が運営する税理士事務所です。
わかりやすいアドバイスで皆様をサポートいたします。

住所(住居表示)から地番を調べる方法とは?【全て無料です】

住所(住居表示)から地番を調べるには以下の4つの方法があります。

中でも、「地番から住所」には無い1つ目の方法が手軽でオススメです。

1:法務局に電話で聞く【手軽でオススメ】

その1つ目の方法とは、その土地を管轄している法務局に電話で問い合わせることです。

土地の「地番」とは、登記されている土地について1筆ごとに振られた番号のことで、法務局(国)が付番・管理しています。
なので、その管理元である法務局に直接聞けばいいんです。

私の地元・京都市左京区の場合、不動産登記を管轄しているのは京都地方法務局の本局です。
↓このようなお問い合わせのページを見てみると…。

↓このように、音声案内から「地番・家屋番号のお問合せ」を受け付けると書いてあります。
(スクリーンショット引用元:音声自動応答装置の導入について(本局):京都地方法務局
お問い合わせ項目として「地番・家屋番号のお問合せ」がある

このように、その土地を管轄している法務局に電話して地番を教えてもらいましょう!

2:インターネット(登記情報提供サービスの地番検索サービス)で検索する

上の1つ目だけでも十分な気もしますが、もし
「法務局が空いていない時間(午後5時15分以降)に知りたい」
「電話するのがめんどくさい」
という場合は、インターネットから調べる方法もあります。

一般財団法人民事法務協会が提供している「登記情報提供サービス」というサイト内の「地番検索サービス」を使います。

登記情報提供サービスは,登記所が保有する登記情報をインターネットを通じてパソコン等の画面上で確認できる有料サービスです。…

登記情報提供サービスは、登記所が保有する登記情報をインターネットを通じてパソコン等の画面上で確認できる有料サービスです。…

「不動産請求」の画面に入り、土地の住所の町名(丁目)までを入力して、中にある「地番検索サービス」のボタンをクリックすると
「地番検索サービス」ボタンをクリック

↓このように、ゼンリンのブルーマップが表示されて、地番(青い数字で番号が書いてあります)が確認できます。
ブルーマップで地番(青い数字)が確認できる

ただ、こちらのサービスは無料で閲覧できるものの、中に入るためにはアカウント登録をする必要があります。
また、

  • 閲覧可能な時間帯が平日の8:30〜21:00までで、17:15までの法務局と大差ない
  • 閲覧可能な地域とそうでない地域がある
  • Internet Explorer以外のブラウザだと不具合が生じることも
    (ちょっと前までMacのブラウザ・Safariがそうでした)

といった点もあり、使い勝手はそれほど高くないかな?というのが個人的な印象です。

3:登記識別情報通知書(権利証)、登記簿謄本などを見る

3つ目は、地番を知りたい土地を自分が持っている場合の方法です。

自分の土地の地番については、お手元にある

  • 登記識別情報通知書(昔で言う土地の権利証)
  • 土地や建物の全部事項証明書(登記簿謄本)
  • 固定資産税の納税通知書
  • 固定資産課税台帳(→各自治体に申請することで閲覧可能)

これらの書類を見ることで確認できます。

4:地元自治体の固定資産税地番図を閲覧する

ほか、「地番から住所」の記事の後半で紹介している、
各市町村が固定資産税を課税するために管理している地番図(地番参考図)を見せてもらう方法も有効です。

詳しいやり方は「地番から住所」の記事の後半で解説していますので、興味のある方はどうぞそちらをご覧ください。

びとう
びとう
ただ、これが便利なのは京都市のようにインターネットで地番図を公開してくれている自治体の場合だけで、
そうじゃない自治体の場合は上で紹介したやり方のほうが手っ取り早いでしょうね…。

まとめ 「住所から地番」の方が調べやすいです

以上、この記事では、住所から地番を調べる方法を4つ紹介してみました。
「地番から住所」の場合と比べると比較的カンタンに調べることができますよね。

最後にまとめとして、この記事で紹介した4つの方法をもう一度貼っておきます。

繰り返しになりますが、オススメは「地番から住所」のパターンには無い1つ目の方法です。

この記事が「この土地の地番が知りたい!」というあなたのお役に立てれば幸いです。

この記事の逆パターン(地番から住所を調べる方法)は↓こちらの記事で詳しく解説しています。
地番から住所や土地がある場所を調べる方法

おすすめ記事

不動産の登記や固定資産税・相続税などの税金の計算で目にする土地の「地番」。コレ、住所とは全く異なるモノです。地番=登記されている土地について1筆ごとに振られた番号。(法務局が付ける)住所(住居表示)=建物が建[…]

地番から土地の場所や住所を知るには?
【相続税・贈与税のまとめページのご案内】
当サイトで相続税・贈与税について解説している全記事をテーマ別にまとめました。
「相続税・贈与税の解説記事のまとめ」ページを見る
おすすめ記事

「相続税や贈与税ってどんな税金?」そんな疑問を解消するべく、当サイトで相続税や贈与税について解説している記事をテーマ別に一覧でまとめました。一般の方向けの内容から税理士向けのマニアックな話までいろいろありますが、一般の方はま[…]

相続税・贈与税 解説記事の全記事一覧
相続でお困りの方へ:お気軽にご相談ください!【全国対応可能です】
京都市左京区の尾藤武英税理士事務所では、相続税に関するご相談や申告のご依頼をお受けしています。
税理士試験受験予備校「相続税法」の元講師である税理士が、わかりやすいアドバイスで皆様をサポートします。
 尾藤武英税理士事務所ホームページはこちら
この記事は、京都の税理士・尾藤武英が税金に関する話をできるだけわかりやすくお伝えする目的で公開しています。
記事の無断転載はくれぐれもご遠慮ください。
また、お気付きの点などがありましたらお問い合わせフォームよりお知らせください。
>お気軽にご相談・お問い合わせください!

お気軽にご相談・お問い合わせください!

弊所へのご依頼に関する面談は無料にて承っております。
お問い合わせはメールフォームまたはお電話にてお受けいたします。

CTR IMG