平成28年分の路線価図(財産評価基準書)公開。路線価は前年よりも上昇傾向

AUTHORこの記事を書いた人

京都市左京区で開業している税理士です。 元税理士試験受験校「相続税法」講師。 相続税や所得税、贈与税など「個人の方にかかる税金」に特化した税理士として活動しています。詳しいプロフィール個人ブログも更新中です
平成29年分の路線価図に関する情報は以下の記事にて紹介しています。
平成29年分の路線価図(財産評価基準書)公開。京都の商業地の路線価は今年も上昇傾向

今日(平成28年7月1日)、国税庁のホームページで平成28年分の「財産評価基準書」が公開されました。

さっそくホームページに見に行ってびっくりしたのが、昨日までと見た目が全く変わっていること!
財産評価基準書トップ

昨日までは黄色と黄緑ベースの野暮ったい見た目だったんですが、他の国税庁のページと同じ濃紺と白の配色でスッキリしましたね。
こんなことなら、比較用に昨日までのページのスクリーンショットも撮っておけば良かったです(^^;

【ご案内】相続税・贈与税に関する解説記事をまとめています

この記事以外にも、基本的な内容からマニアックな話まで、いろいろ書いています。
相続税、贈与税ってどんな税金?【解説記事のまとめ】ページはこちら

路線価図や倍率表などの総称です

「財産評価基準書」というのは全く馴染みが無い言葉ですが、取得した土地について相続税や贈与税がいくらかかるのかを計算する際に使っていく「路線価図」や「倍率表」などの総称です。

取得した土地の評価額の計算方法には「路線価方式」と「倍率方式」の2つがあります。
これら2つの方式の違いや、「路線価図」や「倍率表」がどんなものなのかは、「宅地の相続税評価の方法は2つ。「路線価方式」と「倍率方式」」という記事で解説しています。

「路線価」や土地の「倍率」は、相続や贈与が発生したその年分の数字を使います。
今日公開されたものも「平成28年分」というタイトルが付いているように、平成28年(2016年)の1月1日から12月31日までの間に開始した相続や贈与での税額計算で使っていくものです。

たとえ1月に発生した相続でも、今日公開されたこの数字がなければいくらで課税されるのかという正確な数字は出すことができませんでした。
今年発生した相続の申告業務を受任している我々税理士にとっても、待ちに待った公開です。

路線価図を覗いてみましょう

さっそく中を覗いてみました。
ウチの事務所周辺(住所:京都市左京区下鴨夜光町)の路線価をチェックしてみましょう。

トップページの地図の中からまずは京都府を選びます。
スクリーンショット

中に入ったら、一番左上にある「路線価図」というリンクをクリック。
スクリーンショット

市町村名の中の「左京区」をクリック。
スクリーンショット

地名がずらっと並んだページに来ます。
スクリーンショット

下にスクロールして「下鴨夜光町」をクリック。
(ほか、索引図から探す方法もあります。)
スクリーンショット

目的の路線価図にたどり着きました!
スクリーンショット

昨年よりも1割前後値上がりしています

これが事務所周辺の今年の路線価図です。
スクリーンショット

路線価図の詳しい見方は先ほども紹介した「宅地の相続税評価の方法は2つ。「路線価方式」と「倍率方式」」という記事で解説しています。

少し拡大してみます。
左上が北山駅、右下がウチの事務所周辺です。
H28北山

比較のために昨年の路線価図も持ってきました。
H27北山

小さくて見にくいんですが(特にスマホの方すいません…)、振られている路線価をよく見ると昨年よりも10,000円ずつ引き上げられています。

他の地域が気になったので、京都随一の繁華街である四条河原町周辺の路線価図も見てみました。

こちらが今年の路線価図で、
H28河原町

こちらが去年の路線価図です。
H27河原町

こちらは1割以上も引き上げられていますね。
こうなると全国的にも同じ傾向なのかが気になってきますが、多分何らかの報道があると思うのでそれを待つことにしましょう。

…なんて言ってたらさっそく記事が挙がっています。
やはり全国的に上昇傾向のようです。

関連記事
平成29年分の路線価図に関する情報は以下の記事にて紹介しています。
平成29年分の路線価図(財産評価基準書)公開。京都の商業地の路線価は今年も上昇傾向

路線価図から拾ってきた路線価はどう使う?宅地の評価方法の基本を紹介しています。
宅地の相続税評価の方法は2つ。「路線価方式」と「倍率方式」

路線価以外の土地の価格である「基準地価」や「公示地価」についても解説しています。
平成28年基準地価公表。公示地価との違いはどこにある?

【ご案内】相続税・贈与税に関する解説記事をまとめています

この記事以外にも、基本的な内容からマニアックな話まで、いろいろ書いています。
相続税、贈与税ってどんな税金?【解説記事のまとめ】ページはこちら

京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」

当事務所では相続税や贈与税に関する業務を随時お受けしております。
・相続や贈与が発生した後の税金の申告
はもちろんのこと、
・生前における相続税の試算と相続税対策のご相談
についてもお受けすることが可能です。
【サービスメニュー】
相続税や贈与税の申告
相続税の試算・相続税対策の提案
単発のご相談もお受けしています

京都下鴨の「尾藤武英税理士事務所」

相続税や所得税、贈与税など「個人の方にかかる税金」を専門とする税理士事務所です。
相続税に関してお困りの方や、個人事業主をはじめとするフリーランスの皆様のサポートに力を入れています。
税理士プロフィール
ブログ
当事務所の特長

仕事のご依頼・お問い合わせはこちら